『HighTunes』洗練されたこだわりのメロディ♪

2014/08/15

ーティストスポットライト企画第4弾!
 
回は、絶妙なツインヴォーカルと大人っぽいグル―ヴィなサウンドが魅力の社会人6人組お洒落ポップバンド(因みに美男美女揃い)HighTunesにインタビュー!
 
7月末の猛暑日、渋谷の某スタジオにて、バンドのことから曲作りのことまでとことんお伺いしました。
 
 
※今回のインタビューは、HighTunesより山口航さん、さばんなさん、山本真一郎さん、東條光浩さんの4人です。

 

HighTunes

 

――今日は暑い中本当にありがとうございます。宜しくお願いします!

 
全員「お願いします!」
 

――では早速お話を伺いたいと思います。まずHigh Tunesの結成は去年の夏ということで、今でちょうど1年くらいですよね。

 
山口航(Vo&Gt)「そうですね」
 

――皆さんはどういうきっかけがあって結成なさったんですか?

 
山口「もともと僕とギターの俊介(榊原俊介・Gt)が学生時代に別のバンドを組んでて。それが解散して社会人になって、久々に"スタジオ入りたいね"っていう話になったので、サークルの時の友達の中から思いつく人を呼んだんです。それでコピーもいいけど一曲作ってみようと思って出来たのが"PANIC GIRL"って曲で」
 

――リフがカッコいいあの曲ですね。

 
山口「ふふ!(笑)あれ、僕が考えたのに自分で弾けないんですよ」
 
さばんな(Vo)「デモ音源は、何回も弾いたうちの奇跡の一回だったんだよね(笑)」
 
山口「そう、奇跡の一回(笑)で、最初はドラムがいなかったので僕がドラムをやって適当にスタジオ入って……」
 

――そうだったんですか!

 
山口「そうなんです。で、そっから自然とバンドやりたいって僕の中で勝手になったんですよね。“あとドラム(が必要)だね”みたいなこと言って。そしたらみんなが“え?”って(笑)」
 
東條光浩(Key)「“あ、ちゃんとやるんだ”って(笑)」
 

――最初からバンドとして始めようと決めていたわけではないんですね。

 
さばんな「だって最初にスタジオ入ろうって話になったときなんか、“来ても来なくてもいいよ”って感じでしたからね!(笑)」
 
全員「(笑)」
 
山口「僕は前ずっと男4人のバンドをやっていたんですよ。でも1年半くらいやったところからずっと男女ツインやりたくて。ヴォーカル一人だと疲れちゃうし!」
 
山本真一郎(Ba)「サボりたいだけ(笑)」
 
山口「ハモりも好きだしね」
 

――ドラムの内城さん(内城悠 Dr)は学年が違いますよね?

 
さばんな「そうですね。彼もサークルの後輩で、以前バンドを組んだことが何度かあったので声を掛けたんです」
 

――皆さんサークル仲間だったんですね。音源のリリースは今年に入ってからですが、それまではどんな活動をしてらしたんですか?

 
山口「普通~です(笑)」
 
山本「普通。とりあえず年内にライヴやりたいって話になって」
 
東條「じゃあ4曲くらいあればいいねってなって」
 
山口「頑張りま~す、と」(※作詞作曲は山口さんが担当)
 
山本「それで音源が出揃ったからアルバムにしようってなったんです……この経緯、文字にしたらつまんなくない!?(笑)」
 

――(笑)。因みに今ある曲ってどういう順に出来たんでしょうか?

 
山口「さっきの”PANIC GIRL”が出来た後にまた新しい曲(“punchdrunker”)を作って、それを練習しようと思ってスタジオにバイクで向かってる途中に“あ、なんか来た”って思いついたのがTUNECOREに登録している“make it clear”ですね」
 

 

――そうだったんですね。普段曲作りはどう進めているんですか?

 
山本「(山口が)原案を打ち込みのデモ音源でガッツリ作るんですよ。それを共有してみんなが聴いて、週一のスタジオ練習で合わせて」
 
山口「そこで曲の構成や楽器陣のアレンジを詰めていったり、スタジオで録音した音源をひたすら聞きまくって違和感があったところを直していくっていう感じですね 」
 

――なるほど。HighTunesの楽曲は、どれもメロディラインがキャッチ―でポップなのにアレンジはちょっと複雑というか……ファンキーだったりお洒落ダンスだったり、大人っぽいサウンドだなという印象でした。そもそも目指す音楽とはどんなものなんですか?

 
山口「はい。メロディはまさにキャッチ―さを意識しています。カラオケで歌いたくなるメロディというか。とにかく“一発で耳に残るけど、ずっと聞いても飽きないメロディ・曲”っていうのを目指しています。現段階では」
 

――そういえば事前にお聞きした皆さんのルーツ音楽にもJ-POPのアーティストの名前が沢山出ていましたね。

 
山本「確かにそうかも」
 
山口「そうですね。バシーン!というパワフルさよりも滑らかさを意識していて。歌詞もメッセージというよりは――メッセージを伝えるなら本を書けば良いと思っているので、歌だったら語呂の良さとかメロディに合う心地良さがあるといいなと思っていて。なのでメロディを最重視しています」
 

――なるほど。ただ、歌詞の音感を重視するという点ではアプローチが洋楽に近いかもしれないと今思いました。押韻とか。日本のポップ音楽って歌詞とメロディが独立していて、その別物を音楽として一緒に出しているものが多いような印象で。

 
山口「ああ、洋楽っていう意識は無かったんですけど……」
 
山本「(山口は)ラップが好きだったんだよね。ルーツ音楽にも書いてたけど」
 
山口「そうそう、ラップ好き。というか、言葉遊びが大好き」
 

――そういえば先ほど男女ツインヴォーカルの話が出ましたが、そもそもどうして男女ツインにしたかったんですか?さっき「疲れるから」とかおっしゃっていましたが……

 
全員「(笑)」
 
山口「いや(笑)前のバンドの時に限界を感じたんですよ、僕一人で歌うことに。ハモりが必要だと感じたし、思い浮かぶメロディが結構高いので、”これ女性ヴォーカルにしたら良い感じかも”と思って。それに見栄えもいい。オッサンばっかりより(笑)」
 

――(笑)。男女ツインであることで、例えば“インスタント・チョコレート”の主人公2人のやり取りのようなドラマチックな演出も可能になりますよね。

 
山口「うんうん。一番意識しているのは“飽きないこと”です。コーラス入れるにしても1番と2番で変えてみたりとか」
 
山本「結構唐突に入れたりね」
 
山口「“次何が来るんだろう”っていう意外性ですね。サビを繰り返しすぎないとか、繰り返してもコーラスをちょっと違うものにして、展開が豊かになるようにしていますね」
 

――なるほど。でも逆に、ヴォーカルお二人の声域の差が仇となることはないのでしょうか?

 
山口「うーん、前のバンドよりは楽曲の幅が広がっていますし、それに僕らあんまり声域が変わらないんですよ。僕が普通の男性よりちょっと高くて彼女(さばんな)が普通の女性よりちょっと低めなので」
 
さばんな「うん、低い」
 

――ええ、低いですか!?

 
山口「(笑)。ジュディマリのYUKIさんとか、ああいうハイトーンが出るわけではないので。それに僕の作るメロディは自分の声域よりちょっと高いってのが多いので、丁度良いんですよね」
 
 

――お二人の特徴が上手く合致して今のHighTunesの楽曲になっているんですね。

 
山口「そうですね。なので現在は声域の差の少なさが生きていると思うんですが、その分選択肢が限られてしまうこともあると思いますし、今後ずっとやっていく中でもしかしたらその壁にぶつかるかもしれませんね 」
 
L→R 山本真一郎(Ba)、山口航(Vo&Gt)、さばんな(Vo)、東條光浩(Key)
 

――そういえば、歌詞はテーマがかなり多岐に渡っていますよね。

 
山口「歌詞を書くときは2パターンあって。1つは“バレンタインだからバレンタインの曲を書こう”っていう季節に合わせたものとかで、もう1つはこう、ふと思いつくもの。いろんなものにドラマを感じてしまうんですよ、(目の前にある丸椅子を指して)椅子一つにも。“女以外座るんじゃねえ“って思ってるんじゃないかな、とか擬人化するのが好きで。人や物になりきってそれら目線のストーリーをテーマにすることが多いですね」
 

――――テーマありきのところからドラマを考えていくパターンと、自然と見えてきたドラマをテーマにするパターンですね。

 
山口「そうですね」
 

――“furikake!”(ふりかけ)めっちゃ面白いですね。たぶん何も知らない人が聴いたら何のことかわからないだろうなあ、と(笑)

 
さばんな「あはは!そうですよね」
 

――私はタイトルを見てから拝聴したので納得でしたが……これも擬人化ですね。

 
東條「これは確か、山口が“バカっぽい曲を作ろう”とか言って原案をスタジオに持ってきて(笑)」
 
山口「なんかね、僕高校野球やってて、そのとき補欠だったんで、補欠目線で書くことが多いんですよ。目立たない人をピックアップしたくなるみたいな」
 

――この歌詞はそうですよね。主役じゃないけど、っていうスタンス。

 
山口「そうそう(笑)」
 

――ではもう一点、ライヴパフォーマンスについてお伺いします。映像を拝見しましたがとてもパワフルですよね。音もそうですが皆さんの息の合わせ方やフロントお二人のアクションも含めて。ライヴをするにあたって何か気を付けていることなどはありますか?

 
山本「いっぱいあるね!」
 
山口「シンプルだけど、まず見ていて楽しいこと。曲を作るときもそれは意識しています。あとは、ヘンなこと――変拍子にするとかっていうのはあんまり好きじゃないので、一曲を通して自然にノれて、お客さんの“あ、ここで盛り上がるだろうな”っていう空気を裏切らない自然な感じを意識していますね。それがパフォーマンスにも出ているかもしれない」
 

――うんうん、お客さんもこうやってゆらゆらしていましたね。

 
山口「まあでも、それを一曲中一回くらいだったら裏切ってもいいかもな!っていう(笑)」
 

――(笑)!でもアレンジに注目してみると“make it clear”なんかはベースが途中で急にウォーキングになったりしますよね?

 
山本「しますね!」
 

――ああいうアレンジはリズム隊をよく聴く人なら“あ!”って思うポイントだと思うんですよ。「一定してノれるもの」っていうお話がありましたが、こういうワクワクするような場面もあるっていう。そういうことはアレンジするときに意識なさったりしますか?

 
山本「あの場面は結構意図的に作ろうとしていて。“ジャズっぽいのをここのセクションで作りましょう”って決めて。普通すぎると面白くないかもしれないから“ここならジャズっぽいのもアリかも”っていうポイントポイントに、曲の雰囲気を崩さないよう気を付けつつ入れたんですよね」
 
山口「大体の曲がそうなんですけど、この曲も先に2番まで出来ていたんですよ。そこからどうアレンジするかってなったときに、歌詞の内容とか流れ的に“じゃあ一旦落ち着こう”ってなるポイントがここ(ウォーキングベースの入る間奏)ですね。それから見栄え的に6人いるので……基本的にフロント2人が目立つようにっていうのは考えているんですけど、他の4人が目立って見えるところもあったほうがバランスが良いかなと思っていて」 
 
東條「ああいうジャズっぽい演奏が元々得意ってわけじゃなくて、"make it clear”にジャズっぽいアレンジが合いそうだからやってみようってなって、それから“あれ?ウォーキングベースってどうやるんだっけ?”って(笑)」
 

――ははは!でも先程も話に出ましたが、皆さんルーツミュージックが結構J-POP寄りだったんですよね。ミスチルとか!

 
全員「(笑)」
 

――ちょっと意外でした。では、ずばり今のバンドとしての目標・展望は何ですか?

 
山口「直近では、大きなライヴハウスで演奏するとかフェスに出るとか。まずワンマンをやりたくて、そのためには100人くらいは集められる土壌が必要で……とか色々あるんですけど、今結構余裕がない状態で。今日も仕事で来れないやつがいたり。でもやっぱりフェスとか、俺らが今まで見る側だったステージに立ちたいですね。1年以内に!」
 

――1年以内!夏フェスなら来年ですね。フェスのオーディションに応募なさったりは?

 
山口「今年はすっ飛ばしちゃったね」
 

――あ、でもそうか。まだ結成1年ですもんね。

 
山本「若干マイナーなフェスの募集時期とかは調べてて。来年はそういうのに出したいですね。今年はいっぱいいっぱいでそれどころじゃなくなってたら、“あれ!フェスの時期になったねえ!”って(笑)」
 

――(笑)。

 
山本「“あ、ロッキン(チケット)申し込んじゃったー”って」
 
山口「そういえば俺プロのライヴほとんど行ったことないな」
 
山本「(メンバーを指して)この人たち意外とライヴ行かないんですよ」
 

――それであのライヴパフォーマンス!?インプットの少ない状態で、ああいうパワフルなパフォーマンスはどこから来てるんですか?

 
山口「……お笑い?」
 
さばんな「嘘でしょ!(笑)」
 
山口「お笑い死ぬほど好きなんですよー」
 
山本「あ、でもお笑いアプローチはきっとあるよ。普通のライヴでやらない変な動きとか結構あるもん」
 
さばんな「あ、確かにそうだねそうだね」
 
山口「今度はね、ギターを銃みたいにしてバーンってね……」
 
カメラ担当「ネタバレしちゃってる……(小声)」(一同爆笑)
 
ギターを銃みたいにして「バーン!」、やってくださいました。
 

――確かに、そういうパフォーマンスっていう意味でお笑いの影響はありそうですね…!(笑)では最後に、TUNECORE JAPANに登録したきっかけ等があったら教えてください。

 
山本「これは僕が完全に一人で“えいっ!”ってやっちゃったんですけど……」
 

――えいっ!(笑)

 
山本「このバンドって基本的に音楽はこいつ(山口)が良いのを作ってくれて、音源もちゃんとしたクオリティーで制作できているんです。そこで最近は毎回ライブに来てくれる方向けと新規の方向けマーケティングをそれぞれ考えていて。例えば、インスタント・チョコレートのお披露目の時はオリジナルパッケージのチョコレートを配布したりとか。ジャケット写真になってるものですね。ライブでしか味わえない体験を重要視しています。ただ、新規アプローチになかなか苦戦していて。友達以外の人にもちゃんと聴いてもらえるようにしていきたいんですね。そこで利用させていただいたのがTUNECORE だったんです。実は TUNECORE 自体はアメリカだけでやっていた頃から知っていて、面白い動きだなと思っていて。それが日本市場に進出してきて、日本のサービスもうちのバンドで使いたいものだったので、今ある楽曲の中から好評な2曲を厳選して配信しています。」
 

――結構前からご存知だったんですね。

 
山本「そうですね。それで、今このバンドの限られたリソースの中で一番リターンの大きくなる施策は何かなってことで……」
 
東條「んー、頭良さそうだよね」
 
全員「(笑)」
 
山口「後半わかんなかったもん!」
 

――じゃあ、皆さんでTUNECORE JAPANの情報をシェアしてというわけではなく……

 
山本「うん、事後報告ですね!」
 
東條「“iTunesとか配信されたよー”って言われて」
 
さばんな「いやほんとびっくりだよね」
 

――全く知らずに!(笑)

 
山口「結果論ですけど、iTunesとかに載ってるってだけで地元の友達とかに興味付けができるんですよ。ライヴに行くひとつのきっかけになって」
 

――確かに!日本は配信系のサービスがなかなか浸透しませんが、TUNECORE JAPANのようにアーティストに開かれたサービスが良い形で浸透すれば、それこそメジャー/インディーズの境とか、音楽シーンの在り方もまた変わりそうですし。

 
山口「印象としては、今音楽市場でCDの販売っていうのが終わりつつあって、今後(音楽市場の中心が)ライヴになっていくだろうっていう中で、音源を無料化してライヴに人を呼んでそこで収益を上げる――その転換期の間くらいにいるような気がするんですよ、TUNECORE JAPANが」
 

――なるほど。

 
山本「そういえば学生アンバサダーの“ぶっちゃけこのアーティストが良いと思った”っていう基準で選んでくれるのも凄く面白いですよね」
 

――数値とか、客観的な基準じゃないところで。

 
山本「動員数とかだったら俺ら足切りされちゃう!」
 

――そんなことないですよ!(笑)でも実際TUNECOREのサービスやこのSpotLightのような企画が、ライヴの動員なんかも含めてバンドのプロモーションに繋がるといいなと思っています。今日は長い時間本当にありがとうございました。8月のライヴにお邪魔しますので、また宜しくお願いします!

 

全員「ありがとうございました!」

 

 

ということで、沢山の貴重なお話を本当にありがとうございました!メンバー間の素敵な温度感や、皆さんの優しい人となりが垣間見える和やかで楽しいインタビューでした。
 
HighTunesの楽曲は“make it clear”と”インスタント・チョコレート”の2曲 をTUNECORE JAPANより配信中!これを読んでくださったあなたも今すぐ要チェック!
 
single 05 Jun 2014 J-Pop
夜のドライブで流したくなる一曲。
この瞬間に詰め込んで、ありのままを伝えよう。
 
single 05 Jun 2014 J-Pop
バレンタインデーの浮き足立った雰囲気を表現した一曲。
それぞれの思惑はどうなってしまうのか!?
 
 

公式Web:http://high-tunes.net/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/hightunes7
Twitter:https://mobile.twitter.com/hightunes_tw
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCQ_ItAU0CIC8hCpkjBfUL9w

■Writer:池田捺美 
■Photographer:池原理香


<TUNECORE JAPAN 学生アンバサダー> 
「音楽バカ」な首都圏の大学生により2014年5月に発足した、TUNECORE JAPAN公認の学生プロジェクトです。学生を初めとした音楽アーティストにTUNECORE JAPANを知ってもらうことで、日本の音楽シーンの活性化に貢献し、音楽人口を増やすことを目的としています。

Webサイト / FaceBookページ

スポットライトを当てて欲しいTUNECORE JAPANアーティスト様を随時募集しています!自薦他薦は問いませんのでお気軽にambassador@tunecore.co.jpまでご連絡ください!

 

あなたも自分の楽曲を世界中に届けてみませんか?

iTunes, Amazon Music, Google Play Musicなど世界120ヵ国以上で
あなたの楽曲も簡単に販売・配信可能