初デビューは海外!やりすぎくらいがちょうどいい。“過激歌姫”『ARAYA』

2015/04/28

 

回は昨年、過激なMVを引っ提げてデビューを果たした歌姫、ARAYAさんのインタビューをお送りします!

 

彼女が初ライブを行ったのはなんと海外!!3 月14~15日にベルギーの首都ブリュッセルで行われたアジアン・ポップカルチャーフェスティバル『Made In Asia 2015』にてなんとメインアーティストに選ばれたARAYA さん。会場のメインステージでライブパフォーマンスを行いました。そんな世界の大舞台に立ったARAYA さんとは一体どんな人物なのか。ライブから帰国したてのARAYA さんにお話を伺いました。
 
そして何と!今回、本インタビューにて『Made In Asia 2015』でのライブ映像と、ニュー・シングル『SAKURA VIOLET』のMV ショート・ヴァージョンが初公開されております!要チェックです!
 
 

 

――今まで日本ではライブなど活動はされていなかったんですよね?
 
ARAYA:はい。海外(パリ・ベルギー)が初のライブ、デビューライブですね。
 
――いつ頃から音楽活動を始められたんですか?
 
ARAYA:歌を始めたのは小学校3年生のときで、合唱団で独唱をやってました。合唱の大会では小学校の時から中学校3年まで県1 位(金賞)を取り続けていました。
 
 地元でオーディションを受け、某アカデミーに拾われて16 歳の時に上京をしました。某アイドルグループに入る流れになっていたんだけど、どうしてもアイドルにはなりたくなかったので辞めました。
 
 
ROCK がやりたかったので、また1からオーディションを受けたり バンドを始めようかなと思ってバンド探してみたり。ソロでのライブ活動や他のバンドのVocal をお願いされたりとかしながら過ごしていました。
あるときバンドのオーディションの審査員として呼ばれて。審査していたらそのバンド。をまとめていた人が「こいつでいいじゃん!」と言い出して、歌ってもいないのにそのバンドのVocal になるという意味がわからない事件が起きた!(笑) それから3 年くらいそのバンドで活動しました。
その後、会社を設立して音楽レーベルを立ち上げますが他の役員の方との方向性がうまくいかずに辞めて。今に至ります。
 
――なるほど。“ARAYA”の活動に至るまでかなりの紆余曲折があったんですね。
ARAYAさんといえば “過激”“18禁”などと称されていますが、その“ARAYA”の世界観が出来てきたのはいつ頃ですか?
 
ARAYA: 曲を書いてくれている人が私の友人、13年の付き合いがある音楽仲間で。(友人が)ヨーロッパから帰国してきて久しぶりに連絡をとりあい、曲を制作することになりました。そこでブッ飛んだことやりたいなって話になって、自分のやりたい方向とリンクするので、過激な方向で進んでいるような感じです。
 
 
――噂の過激なMVを拝見させていただきましたが、すごい振り切っているなぁと思いました。
 
 
 
ARAYA:(笑)。賛否両論ですけど。
 
――Youtubeのコメント欄に海外の方からのコメントがたくさんついてますよね。そこから海外の人気に火がついて、今回の『Made In Asia 2015』出演に繋がったんですかね?
 
ARAYA:ありがたいですね!繋がった理由はわかりませんが元からのファンもいますしるし、MV 見てきてくれる人もいるみたいです。
 
――“ARAYA”として活動を始められたのはいつ頃ですか?
 
ARAYA:去年からです。
 
スタッフ:去年の10月にTUNECOREさんからファースト(ファースト・シングル『Chu…』)を出しました。
 

去年の夏に作曲者の方とスタッフを含めて打ち合わせして、2014101日にファーストシングルをの発売が決定しました。

 

――なるほど。活動を始めて半年くらいなんですね。
 
ARAYA:(シングルを出した)10月にはもう海外でのライブの話が出ていたんです。
 
――おお~!そうだったんですね。『Made In Asia』でのライブはメインステージで歌ったんですよね。
 
ARAYA:そう。広いステージでした。
 
スタッフ:会場が日本で言うところの幕張みたいな所で、ブースの中のメインのステージみたいなところで歌いました。今回(『Made In Asia』)の動員人数が6万人です。年々動員人数が増しています。
 
 
 
――メインステージでのライブ映像を拝見しましたが、お客さんがみんな手を挙げていて盛り上がっている様子が伺えました。
 
(本インタビューで初公開!!『Made In Asia 2015』でのライブ映像)
 
 
ARAYA:そうそう。ね、みんな初めて会うのにね。
 
――ライブでは何曲くらい歌われたんですか?
 
ARAYA:10曲でした。オリジナルの他、アニメのイベントだったので『(新世紀)エヴァンゲリオン』、『アナと雪の女王』、初音ミクのカヴァー曲もやりました。
 
――現地のファンの反応はいかがでしたか?実際に触れ合う機会もあったかと思いますが。
 
ARAYA:現地のファンはフレンドリーでした。あと女性のファンが多くて。プレゼントとかも全部女性に頂いて、すごく嬉しかったですね。
 
 
――次は海外のどこに行ってみたいですか?
 
ARAYA:行けるところがあれば無限に行きたいですね。どこでも行きます。
 
――日本でのライブの予定はないんですか?
 
ARAYA:今のところ予定はありません。今後はまた制作に入るので、シングルもう一回出して、年末にアルバムを出す予定です。その間にMVを2本撮る。制作に追われます。
 
――ライブやる予定ないんですね、残念です……(悲)。
制作といえば、シングル『SAKURA VIOLET』が本日(取材日が『SAKURA VIOLET』配信開始の3/20)、リリースですね。おめでとうございます。どんな楽曲ですか?
 
ARAYA:コンセプトが「侍ロック」。ちょっと日本ノリなリズムで、ノリたくなるような楽曲です。
 
――(『SAKURA VIOLET』の)MVはどんな感じにしようと思ってますか?
 
ARAYA:“SAKURA”ってタイトルにもあるように、桜推しのMVにする予定ですね。
 
(本インタビューで初公開!!『SAKURA VIOLET』のMV、ショート・ヴァージョン)
 
 
――どんな映像になるのか今からドキドキします!ちなみにファースト・シングル「Chu…」のMVはどんな感じで作っていったんですか?
 
ARAYA:コンセプトは「DV」。愛と殺意です。撮影は和気あいあいとしていましたが出来上がった作品は超過激!!
 
スタッフ:撮るだけ撮ったけど、いろいろあって(「Chu…」の)MVは過激版と通常版の2つのパターンが出来上がりました。
 
―― Youtubeで公開されているMVより危ないバージョンがあるんですか!?
 
スタッフ:あるんです!ヨーロッパの規制が厳しくて、、さすが”18 禁”女王(笑)。
 
ARAYA:規制がかかった部分をカットしたヴァージョンが今載ってます。私は過激版の方が好きなのですが…。海外のインタビューでも「脱いだりすることに抵抗はないのか」って聞かれたんですが、抵抗は全然無いですね。
 
スタッフ:「ラジカル」も過激版と通常版があって、海外向け(に放映する)MVではおしりとか映ってるのは「Hip NO!!」って言われてカットされちゃった(笑)。
 
 
ARAYA:「ラジカル」のMVの中で私死ぬんですけど、その部分も海外用MVではカットされちゃって。(カットされた部分を)がっつり映したかったので、まだ自分的にモヤモヤしています。その部分がMV的に1番大事だったので。
 
 
 
――海外に行って、面白い出来事とかありましたか?珍事件とか。
 
スタッフ:いろんな珍事件があったね(笑)。
 
ARAYA:普通に歩いてたら知らない人にいきなり肩組まれて、「Picture!」とか言われて写真撮られたり、行きの飛行機では一夫多妻制の国の男性にずっーと話しかけられたり、ホームレスにも話しかけられて、高値で切符を売りつけられそうになったり(笑)。
 
――さすが海外、強烈だなぁ(笑)。
ちょっと話は戻りますが、ベルギーでの『Made In Asia 2015』のライブ前には パリのラジオ番組に出演したり、パリでミニライブを行ったそうで。
 
スタッフ:パリのラジオ番組JAPAN FM にライブ前日に出演したんですけど、収録スタジオが『テラスハウス』に出てきそうなきれいめないい感じの家でした。
 
ARAYA:(収録スタジオは)でっかい犬や猫が何匹もいて放し飼いされてて、のびのびとしてるし、日本とは違いますよ。やっぱり。(人が)おおらか。ペットもおおらかで。
 
スタッフ:JAPAN FMの人もフレンドリーでね。放送中にいきなりJAPAN FMの社長がピザ買ってきてたり。しかも一人一枚単位で(笑)。
 
ARAYA:って私1枚も食べてないんですけどね(笑)。
 
スタッフ:私たちにピザが出されてから、回収されるまでが早かった(笑)。
 
 
 
――と、海外で活動をしたARAYAさんから見て、日本の音楽業界、というか音楽シーンはどう見えますか? いままでも日本で活動されていたという経験も含め。
 
ARAYA:まぁもっと衰退していくだろうなーとは思っています。
 
――海外での活動はどういったところが魅力的に感じましたか?
 
ARAYA:みんな楽しそうにしてくれるのが嬉しいし、会いに来てくれるのが嬉しいですね。2日連続(『Made In Asia 2015』2 日間)、3 日連続(『Made In Asia 2015』2 日間と前日パリのアブラカダバーで行われたライブ) 来てくれた人がいました。パリとベルギーの間って車で3時間くらいかかるのに。
 
――熱烈なファンがたくさん来てくれていたんですね。
ARAYAさんの今後の活動のご予定は何か考えられていますか?
 
ARAYA:制作の他には今後、ヨーロッパツアーを考えています。日本でやるなら音楽仲間を集めて何か面白いことをやれたらと思っています。
 
――最後に、これからの音楽活動にどのような信念を持って活動していたいですか?
 
ARAYA:常にあるのは、『世界平和』。色んな差別をなくしたい。どの国の人たちも家族だと思う。だから皆で共に生きたいなって思います。戦争とか本当に嫌だし悲しくなる。地球にある命(動物や自然も)全てが仲良く助け合って共存していけるようにと。
 

 

SAKURA VIOLET

20 Mar 2015

LOVE & PEACE Records

詳細

 

 

以上、ARAYAさんインタビューでした!!

彼女自身のお話や、海外でしかない貴重な経験をお話しいただきました。
信念を持っている、芯の強い女性はかっこいいですね。憧れます。
 
海外のリスナーを虜にしてしまうARAYAさん。この勢いに乗って、さらに世界で『“過激歌姫”ARAYA』の名が知られていくことも遠くないのではないでしょうか……!
 
ARAYA

 

Written by TUNECORE JAPAN 学生アンバサダー コイズミ

TUNECORE JAPAN公認の学生プロジェクト  WebSite | FaceBook

 

あなたも自分の楽曲を世界中に届けてみませんか?

iTunes, Amazon Music, Google Play Musicなど世界120ヵ国以上で
あなたの楽曲も簡単に販売・配信可能