リリースインタビュー!Back&4th Scrambler (feat. Large Professor)

2012/11/21

  Back&4th Scrambler (feat. Large Professor) を11月21日にリリースされた、Yu Mamiya さんにインタビューしてみました!ラージ教授とのコラボのきっかけなど、大変面白いお話が聞けました!

 

 
 
タイトル  :Back&4th Scrambler (feat. Large Professor)
発売日  :2012年11月21日
販売ストア:iTunes Store(国内・海外)
                 Amazon MP3 (国内・海外)
レーベル :VINYL REMINISCENCES PRODUCTIONS

YU MAMIIYAの膨大なコレクションの中から厳選されたJAZZ、SOUL、FUNKを元に再構築しブレンドされた上モノとSP-1200で刻むheavyなドラムのトラックに,往年の貫禄を見せるラージプロフェッサーのRAPが見事にはまったクロスオーバーな作品。またジャケット/アートワークはDJ MUROのジャケットやBLUE NOTE TOKYOのフライヤーなど数々のマスターピースを発表し続けるNOVOLが担当。


 

 

Q1. ご自身の音楽を始められた経緯について教えてください (TCJスタッフゥ~)

 

   15才の頃にJAZZのレコードに魅了されレコード堀りを始めました。何年もdigginをしていくうちに色々な方にお会いしdigginの知識や面白さに魅了されていきました。何よりdigginをする環境に恵まれていたと思います。渋谷face recordsさんにはDJ PREMIER、Pete Rock、Kenny Dopeなど、高円寺universoundsさんにはJust Blaze、DJ Shadow、disk unionさんにはQ-tipsなど上げればキリがない位に来日の際には東京のレコード屋を目指し大御所が来店されています。
 
    東京は今もなお、ワールドクラスのレコード屋やディーラーがひしめき合う街なんだなと 。2010年にDJ PREMIER、PETE ROCKのdigginを間近で見ることができました。なおかつPETE ROCKに日本盤をレコメンさせて頂きました。興味深々だったのがとても印象深かったです。そんな恵まれた環境で育った僕にも何か出来るのではないのか?というのがきっかけです。僕らにはワールドクラスの耳の肥えた日本のレコード屋さんという味方がたくさんいるんだと確信しました。 
 

Q2. 今回のLarge Professorとのコラボの経緯をお聞かせください! (TCJスタッフゥ~)

 

   Digginを続けて行くうちに横浜のrecordstationにいいレコードがあるという情報を入手し通いました。そこで色々なレコードを買わせて頂きました。店長にトラックを聴かせたらNYにコネクションがあると教えて頂きました。そこでNYのアーティストをbookingしているMAGIC HOUR ENTERTAINMENTを ご紹介頂きました。ラージ教授にトラックを聴かせてOK頂ければ制作出来るとのことで何曲か送り、実現致しました。レコードを掘っていると人脈も掘れるんだと実感した出来事でした。またMAGIC HOUR ENTERTAINMENTの存在も不可欠でした。NYのアーティストの信頼もありアーティストの意向をしっかり伝達、とてもサポートして頂きました。 

    

 

Q3. 楽曲の聴き所はどこでございましょう? (TCJスタッフゥ~)

 

   ージ教授と何度かデータのやり取りをして意見を聞き修正し、また送るという作業の繰り返しでした。しかし教授がRAPのレコーディングにてアイデアを出してくれて曲にメリハリができました。正直凄く勉強になりまし た。Evil Dが言っていたらしいのですがラージ教授はレコーディングでミラクルを起こす!まさにその通りだと感じました。ラージ教授の鋼鉄のRAPに僕の choiceした上モノとドラムの相性を楽しんで頂けたらと思います。曲調が変わるところに雄叫びが入っているのですがラージ教授の雄叫びです! 

 

Q4. TUNECORE JAPANを使用してみていかがでしたか?(TCJスタッフゥ~)

 

   外にVINYLを納品した際に送料や為替などコストを考えると広がりや収益面でなかなか難しいと頭を抱えていた時にTUNECORE JAPANの事を聞きました。これはやるしかないと思いました。海外のサイトで考えていたのですが、英語での入力やサポートに不安がありましたので待ちわびたサービスでした。登録も簡単で正直びっくりしました。日本のクリエーターが抱く世界に知って貰うという夢を手助けしてくれると確信しました。本当にタイミングが良かったと。 

 

Q5. 最後に告知等ありましたらどうぞぉ!(TCJスタッフゥ~)

 

   回配信する楽曲を、先日、来日したラージ教授がRAPした模様が 『Hennessy artistry Japan 』 や 『Manhattan Records』 のオフィシャルのYouTubeサイトでご覧頂けます。是非、臨場感溢れる模様を観て頂けたらと思います。また Rasheed Chappell とのリリースも控えております。そちらもチェック宜しくお願い致します。どうも有難うございました!  Twitter   facebook 

 

YU MAMIYA 衣装協力: APPLEBUM 

 

 

[YU MAMIYA a.k.a. dj baystate]

VRP主催。東京、渋谷を中心に活動。15才の時にJAZZのレコードに魅了されDigginの扉を開ける。近年ではJAZZはもとよりfunk45やsoulのコレクションも充実させ、未だにVINYL熱が収まる事を知らない。またsamplingのアートフォームに魅了され、レコード屋にて一流のHIPHOPプロデューサー達のDigginの凄さに感銘を受け、RAPのトラック制作を始める。そのVINYL愛が加速し過ぎてドーナツ盤でHIPHOPをリリースするに至る。

膨大なレコード知識とDigginのスキル、厳選されたレコードから刻まれるビートは唯一無二。幸運にもデビュー・シングルにして伝説のグループ、Main Source の中心人物として名高いLARGE PROFESSORと共演.セカンドシングルも、今、最もホットなアーティストとの共演も決定.また来年発売予定のアルバムも制作中。今後も期待されるVINYL LOVEな新鋭ビートメーカーである。先日、Hennessy Artistry Japanにて来日したLargeProとの渋谷マンハッタンレコードでの共演が記憶に新しい。

 

[Large Professor]

DJ Premier、Pete Rockとともに世界3大ヒップホップ・プロデューサーとして君臨するレジェンド、Large Professor。伝説的グループMain Sourceの中心人物としてクラシック "Fakin' The Funk" "Lookin' at the Front Door" や Nas のデビュー曲として名高い "Live at the BBQ" を含むアルバム "Breaking Atoms" をリリース。

古くはEric B & Rakimのプロデュース・ワーク、A Tribe Called Questの名作"Midnight Marauders"への参加、そして言わずもがなのNasのデビュー作"Illmatic"のプロデュースなど、常にヒップホップ史におけるキーマン的 存在であり、ラッパーとして、またトラックメイカーとして、その類まれなる手腕を見せつけてきた現代の名匠。最近では、自身4枚目のアルバム"Professor@Large"のヒットや、NASのNew Album"LIFE IS GOOD"収録曲”Loco-Motive FEAT. Large Professor"も記憶に新しい

関連記事:UNIVERSE MAGAZINE BMR YAHOO NEWS

 

ご協力ありがとうございましたぁ!(TCJスタッフゥ~) 

俺も、あたしもインタビューはこちらまで、TUNECOREのリリース情報とともにご連絡ください。

※絶対、掲載されるという保証はございませんので、あしからず。

 

あなたも自分の楽曲を世界中に届けてみませんか?

iTunes, Amazon Music, Google Play Musicなど世界185ヵ国以上で
あなたの楽曲も簡単に販売・配信可能