日本発音楽ストリーミングサービス『AWA』をさっそく使ってみた。

2015/05/27
by Yuya

 
サイバーエージェント×エイベックスの音楽ストリーミングサービス『AWA』が本日15:00よりサービスを開始しました。『AWA』は日本企業のサイバーエージェントとエイベックスの2社間での合同出資により実現した、音楽業界的には今まであまり見かけなかったケースであります。それ故、『AWA』の動向をウォッチングしていた方は少なくなかったのではないでしょうか?
 
残念ながら『AWA』ローンチタイミングでは、我々 TUNECORE JAPAN は、楽曲提供できておりません。ユーザーの皆様、ごめんなさい。。。みなさんの楽曲をもっともっと色々な場所へ届けたいのに・・・。配信できないから、これから 『AWA』さんから楽曲提供のご相談が来ることを期待しつつ、とりあえずいち早く使ってみた(笑)
 
『AWA』ってなんぞ?そもそもストリーミングサービスってよく聞くけど使ったことない!という方々に向けてご紹介しようと思います。
実際にSpotifyを始めとした海外ストリーミングサービスはまだ日本で使用することができないので、今回初めて触るという方も多いのではないでしょうか。
 
 
 

『AWA』イントロダクション

 
『「AWA」は、株式会社サイバーエージェントがアプリケーションの開発・運営を行い、エイベックス・グループが配信楽曲調達の手配を行うなど、両社のナレッジを集結、提供開始時点で 23 社のレーベルが参加し、洋楽・邦楽共に多彩なジャンルで国内最大規模の数百万曲の楽曲をいつでも楽しむことができる月額定額制の音楽ストリーミングサービスです。楽曲は随時追加予定で、2015 年末までに約 500 万曲、2016 年末までに 1,000 万曲の提供を見込んでいます。また、6,000 以上のオリジナル「プレイリスト」を用意しており、今後も人気 DJ や音楽プロデューサーから一般ユーザーまで幅広い方々に、「プレイリスト」をつくったり、聴いたりしてお楽しみいただけます。』
 
 
 
『AWA』で聴くことができる楽曲数は、年内までに邦楽洋楽含め500万曲を目指しているそうです。また最初の90日間が利用無料!ということで、学校内で「お前これ知ってる?やべーぞ!」となれば、若者を筆頭にアプリのDL数は増加していくのではないかと思われますが、ストリーミングサービスに対してどのようなリアクションをとるのか気になるところです。アメリカでは10代の約60%がストリーミングで音楽を聴いているというニュースも出ていましたね。
 
 
 

プレイリスト型ストリーミング

 

 

ニュースにもあったように『AWA』はプレイリスト型のストリーミングサービスです。アプリケーションをDLして開くとプレイリストがズラっと並んでおります。
画面を横スライドでき、はじめが「TRENDING」。ここではいろいろなプレイリストがランキング形式で表示されています。洋楽が多い印象です。
 

また、「RADIO」では雰囲気の近い楽曲を自動で流してくれます。
「ん?どうやって似た楽曲を見つけているのだろう?」というと、「Gracenote」という音楽サービスと連携しています。これは音楽のデータベースであり、ここに登録されている楽曲は音声認識によって判別、このようにレコメンドをしたりとすごく優秀なんですね。他にもXBOXやmusiXmatchなどいろいろなサービスで利用されています。TUNECORE JAPANでは自分の楽曲を「Gracenote」に登録することもできます。みなさん、やりましょう。 
 
 
 
 

気分やシチュエーションに合わせて

 
 
 
「GENRE」や「MOOD」と言ったカテゴリーから好きなプレイリストを探すことが可能になっています。写真の色味が印象的。
 
 
 

楽曲を聴きながら歌詞を表示

 
 
また歌詞サービス「プチリリ」との連携により、楽曲を聴きながら歌詞を見れる機能も。
少し分かりづらいですが、ジャケット画像をタップするとオーバーレイで歌詞が表示され、音楽の進行によってカラオケのようにスクロールされていきます。今まで歌詞検索をしていた人たちにとってはすごく便利ですね。
 
 
 

ストリーミング音質

 
 
音質は以下。
・64Kbps
・96Kbps
・128Kbps
また、WiFi接続時は320Kbpsで視聴可能に。 
 
 

料金プラン

 
 
料金プランは以下の通り。
 
・Lite Plan(月額 360 円(税込) 
・Premium Plan(月額 1,080 円(税込)
 
今からはじめると夏の終わりまでは無料トライアルが可能です。
現在はFreeとPremiumになっていますね。
 
 

最後に

 
いよいよ日本でストリーミングサービスが動き出して来ました!!
その中でも『AWA』はサービスのアナウンスから1年経たずして、このUIとサクサク感を実現してのローンチはさすがです。今後も早い展開が期待されますね。 なお、現在は以下のレーベル・プロダクションが楽曲を提供中。ただどうしても邦楽のビッグタイトル、過去のレパートリーの歯抜け感は否めないですが、これは『AWA』に限る問題ではないと思いますが。。。サイバーエージェント代表の藤田さんのブログにもある通り、"抜けているアーティストやレーベルを追加し楽曲を充実させていくこと"が日本のストリーミングサービスの重要なポイントになるのではないでしょうか。・・・さらりとTUNECORE JAPANのアピールも忘れません。
 
<レーベル>
・株式会社 KADOKAWA
・キングレコード株式会社
・クリムゾンテクノロジー株式会社
・株式会社 JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメント
・株式会社スペースシャワーネットワーク
・株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
・株式会社テイチクエンタテインメント
・株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
・株式会社ドリーミュージック・
・日本クラウン株式会社
・日本コロムビア株式会社
・株式会社バップ
・株式会社フォーライフ ミュージックエンタテイメント
・株式会社ポニーキャニオン
・株式会社ミュージックマイン
・ユニバーサル ミュージック合同会社
・株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
・エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社
<プロダクション>
・株式会社 OORONG-SHA
・株式会社 AKS
・株式会社テレビ朝日ミュージック
・株式会社日音
・株式会社 FROG 
 
 
 
 
ざっとサービスをご紹介させていただきましたが、まだ使ってないぞ!という方はこちらからDLできます。
 
ローンチタイミングで楽曲提供できず、思わず使ってみた!的に『AWA』さん記事を書いてしまいましたが、、、これを読んだ『AWA』関係者の方、楽曲提供のご相談、いつでもお待ちしております。
 
 

ええやん!して記事をチェックしよう!

 

 

あなたも自分の楽曲を世界中に届けてみませんか?

iTunes, Amazon Music, Google Play Musicなど世界185ヵ国以上で
あなたの楽曲も簡単に販売・配信可能