NORIKIYO
NORIKIYO

NORIKIYO

Apple Music

最新リリース

Don't Kill UR...

アルバム

アーティスト情報

NORIKIYO

NORIKIYO is... 1999年頃、神奈川県相模原市にて地元の仲間達とSD JUNKSTAを結成 (ラッパーはBron-KとTKC) 当時はK-NEROと言う名前でトラックメーカーとして参加。CDRにて3枚の作品をリリース (現在、CDRにもかかわらず中古市場では定価の3倍で売り買いされている)。 2005年頃、SEEDA&DJ ISSOのMIXCD「CONCRETE GREEN」に参加し話題をさらう。 2006年SEEDAの「花と雨」に客演で参加 (ガキの戯言)。 2007年SEEDA「街風」に参加。同年、自身初となる1stソロアルバム「EXIT」を発表。 「THE SOURCE」誌による「BEST OF JAPANESE RAP 2007」にて第三位に、また、日本語ラップWEBマガジン「COMPASS」では「年間最優秀アルバム」に選出された。 2008年にMIXCD、DJ ISSO PRESENTS「RE ROLLED UP 28 BLUNTS」を発表MIXCDながら限定4500枚を売りきる。 同年2008年夏にはBACHLOGICフルプロデュースによる2ndアルバム「OUTLET BLUES」を発表。 その後、数々の客演をこなすも、個人名義の作品は出さず沈黙...3年振りのリリースとなったアルバム「メランコリック現代」がインディーズながらオリコンデイリーチャート (総合) にて16位を記録。 そして2011年から定期的にリリースされているNORIKIYOシングルだが2011年末リリースした「ありがとう、さようなら」は曲と共にMVが話題に。 そして2012年は「一個 feat.SALU.4WD」を発売。 2013年初頭、昨年までのシングルをコンパイルしたEP「断片集」を発売。 そして自身初となるタイトルから決め制作された4th Album「花水木」を2013年12月13日リリースし、2014年5月23日に3rd Album「メランコリック現代」をレーベルメイトであるWATT a.k.aヨッテルブッテルが全曲RemixしたRemix Albumをリリース。 そして2014年7月25日に5枚目のアルバム「雲と泥と手」を発表。 8月31日には自身初となるワンマンライブを恵比寿リキッドルームにて開催し、満員御礼。 各方面から絶賛の嵐を受け映像化を希望する声が後を後を絶たない中、2014年12月10日6枚目のAlbumとなる「如雨露」を発表。 なお、この時点で4th Album、5th Album、6th Albumを1年以内に出す事になる (この間3rd AlbumのRemix Albumも出している)。 シーンで一番精力的に活動していると言って過言ではないラッパーであり、前述した前年のワンマンライブを映像化したライブDVD「花水木Tour Final」を発売し、翌2016年夏、7月31日に「実験的断片集」と名付けられた神奈川県のアーティストとコラボした作品を発表。 そして6th Albumから2年の時を経て7th Album「Bouquet」を発表。 Bouquet Tour は全国14箇所を周りTour Finalとなった7月30日に恵比寿リキッドルームでのワンマンライブのチケットは開催前に完売となり満員御礼。 そして2018年9月28日、8th Album「馬鹿と鋏と」がリリース。 深みあり危ないよ。

ジャンル:ヒップホップ/ラップ
活動エリア:東京