Masaki Matsubara
Masaki Matsubara

松原正樹

Apple Music

最新リリース

Reality and Reverie

アルバム

アーティスト情報

松原正樹

松原正樹 MASAKI MATSUBARA 1954年福井県武生市(現在の越前市)に生まれる。 生家はハイカラだった祖父が始めたダンスフロアーを持つBarを営んでいた。父と母が踊る姿と様々な音楽に幼少の頃から触れて育つ。その店で働いていた青年が弾くギターに憧れ彼に教えてもらうようになる。これがギターとの出会い。中2の時だった。 高校卒業後、合歓音楽院に入学したが先生の勧めで半年後には上京、米軍キャンプなどで演奏を始める。 74年、ハイ・ファイ・セットに参加し全国ツアー、TV出演等約2年間活動。同じ頃、上田正樹のプッシュ&プルにも加わり活動。当時の歌番組は生演奏だったのでプレイを聞いたレコード会社のプロデューサー達にレコーディングに呼ばれるようになる。その後スタジオワークを中心に数多くのレコーディングセッションに参加してきた。 そのセッション活動の幅は、松任谷由実、松山千春、さだまさし、辛島美登里、徳永英明、岡村孝子、永井真理子等のシンガーソングライターから、アイドル系の松田聖子、中森明菜、小泉今日子、光GENJI等をはじめ日本のアーティストの殆どに関わると言っても過言ではない。レコーディングに参加した曲は優に一万曲を超える。 自身の活動としては、78年に初のソロアルバム「流宇夢サンド」を発表以来、24枚のソロアルバムと3枚のベストアルバムをリリース。ソロ活動の他にも79年からパラシュートを結成し4枚のアルバムを発表。当時の若者に絶大なる支持を得る。その後もAKA-GUY、TRIFORCE、ON-DO、4ROCKAMBOS、SEVENと様々なプロジェクトでアルバムを発表。 2003年ソロ・デビュー25周年記念ライブ、そして2008年30周年記念ライブ、2013年35周年記念ライブはCDとDVDで発売され大変好評を得ている。 スタジオミュージシャンとして超多忙だった80年代の始め頃より自宅にレコーディングスタジオを持ち、2000年には、妻の作編曲家キーボーディストの南部昌江と共にインディーズレーベル"Rocking Chair Records”を立ち上げ、打ち込み等を使用しない人間の生演奏を大切にしたアルバム”HUMARHYTHM"シリーズを発表し続ける。録音~MIXをも自ら手がけ、音楽に関わる様々な機材や録音のノウハウにも積極的に取り組み、他のアーティストのサウンドプロデュースなども行ってきた。2014年には還暦記念のアルバム「現実と幻覚」を発表し記念ライブも行った。ところが翌年病が発覚、2016年十二指腸癌のため他界。享年61歳。

ジャンル:Fussion,Rock,Soul,Funk
Rocking Chair Records