kesizumi
kesizumi

アーティスト情報

kesizumi

kesizumi(ケシズミ)、アーティスト。 名古屋の自宅スタジオで制作活動を行う。 音楽制作の工程全てを自らが行う。作詞作曲、歌や演奏、さらにはその録音やミックス、マスタリングまで。また、映像やアートワークなどの制作も手がける。 幼少期からドラム、ギター、ピアノなどの楽器を熱心に学ぶ。学生時代はバンド活動に明け暮れた。 2018年より音楽への向き合い方を一転し、DTMによる音楽制作を開始。処女作が音楽クリエイターコンテストのグランプリを受賞。 2021年7月16日、「どこから見ても、泣いていた」でデビュー。 J-POPという表現方法の中で、オルタナティブロックやファンク、ブルース、テクノなどの音楽的ルーツに基づいたサウンドを織り交ぜる。美しい日本語により紡がれる詞とともに、新鮮な世界観を表現する、気鋭の新星。