Takahisa Mitsumori
Takahisa Mitsumori

Takahisa Mitsumori

リリース

アーティスト情報

Takahisa Mitsumori

光森貴久はベルリン在住の日本人アーティスト、moph records主宰、兵庫県宝塚出身。彼は東京のアドバンスド・電子音楽のムーヴメントの最前線を走り続け、2017年に渡独。 mergrim名義では2枚のアルバムをリリース。共作、リミキサー、アレンジャーとしてdowny, spangle call lilli line, DJ SODEYAMA,英diamat, チェコGurunGurun, などのトラックを手がけている。2019年には初の12inchもリリース。 2017年に渡独後、モジュラーシンセ、ハードウェア、実験的な音楽機材を使った制作、パフォーマンススタイルで、Hoppetosse、arkaoda,ostclubなどにも出演。 また、ラグビーワールドカップの開会式音楽、伊ミラノサローネ、英ロンドンV&Amuseumで開催されたSonyのインスタレーション音響、蘭アムステルダム、仏ラヴァルのサウンドインスタレーション、そしてUNIQLOウルトラライトダウン、TOYOTAクラウンのCMなど様々なメディアのサウンドも手掛けている。