Lucky Strike

当団体パフォーマンス集団Lucky Strikeは、バンドを中心としつつ、ダンスチームも擁しており、それらが融合した表現を通し て「人々を笑顔で結び、感動で世界を包む」ことを団体理念として標榜する団体である。作詞、作曲、振付、それらの実演を、 オールインワンのパッケージとして提供でき、聴覚的な表現だけでなく視覚効果にもこだわったパフォーマンスを展開する点が 特徴である。音楽的なコンセプトとして、アイリッシュや日本民謡などの民族音楽とダンスミュージックの融合を掲げており、 既存にない新しい音楽表現の模索、開拓を目指している。

ALBUM

鳳雛

Phoenix

Change

鳳雛

2016/10/15 - 9 曲

  • 1
    Intro
    Lucky Strike
    01:26
  • 2
    Hide Out!!
    Lucky Strike
    03:49
  • 3
    Lure (rearranged)
    Lucky Strike
    04:11
  • 4
    Blue Moon
    Lucky Strike
    04:57
  • 5
    Uneasy Night
    Lucky Strike
    05:10
  • 6
    Calle Ortensia
    Lucky Strike
    05:07
  • 7
    Kick Walk
    Lucky Strike
    05:40
  • 8
    Lucky Reel
    Lucky Strike
    04:53
  • 9
    Outro
    Lucky Strike
    01:20

Available on

GENRE : ロック / ダンス / ワールド

Lucky Strike 1.5 Album "鳳雛"

Phoenix

2016/10/15 - 6 曲

  • 1
    Phoenix
    Lucky Strike
    04:58
  • 2
    Mistral
    Lucky Strike
    04:37
  • 3
    旅人
    Lucky Strike
    02:37
  • 4
    The water is wide
    Lucky Strike
    03:21
  • 5
    Take it easy
    Lucky Strike
    05:23
  • 6
    Change
    Lucky Strike
    05:54

Available on

GENRE : ロック / ダンス / ワールド

Lucky Strike 2nd Album "Phoenix"

Change

2013/12/23 - 12 曲

  • 1
    The Promised Land
    Lucky Strike
    04:33
  • 2
    Bacchanalia
    Lucky Strike
    05:42
  • 3
    Crack
    Lucky Strike
    03:43
  • 4
    Hooligans
    Lucky Strike
    05:18
  • 5
    Bless you!
    Lucky Strike
    02:46
  • 6
    Danny Boy
    Lucky Strike
    03:03
  • 7
    Tempest
    Lucky Strike
    04:29
  • 8
    Decisive Hesitation
    Lucky Strike
    03:01
  • 9
    Lure
    Lucky Strike
    03:16
  • 10
    Down By Salley Gardens
    Lucky Strike
    02:05
  • 11
    Soar
    Lucky Strike
    04:07
  • 12
    Change
    Lucky Strike
    05:41

Available on

GENRE : ロック / ダンス / ワールド

パフォーマンス集団「Lucky Strike」 1st album。
「人々を笑顔で結び、感動で世界を包む」ことを目標に、ダンサーとミュージシャンによって結成されたこのバンドのコンセプトは、ダンスミュージックやジャズなどの現代の音楽と、アイリッシュや日本民謡などの民族音楽の融合。1st albumである本作は、そのコンセプトを表現しつつ、新たな音楽表現を模索した意欲作でもある。