あべ尚乙美

GAGA247エンタテインメント所属 21歳の時、作曲家 船村徹先生の高弟、作曲家 瀧 升(たきのぼる)先生を師事、恩師と仰ぎ演歌の真髄を学び現在に至る。 同時期に、株式会社千秋企画(当時、キム・ヨンジャさん所属)に 入社し、6年間後援会事務局と演歌歌謡界の現場を学ぶ。 また、3歳から15年間は環境下のもとクラシックバレエを習い、その他、和太鼓(15年間)、日本舞踊(5年)と表現する”芸術”に身を置きながら、独自にライブの活動を重ね、満を持して2014年1月、キングレコードより「理なき恋」「この世川」にてデビューを果たす。 2015年8月、自己バンド「NAOMI GROOVE」を結成、さらに津軽三味線ユニット「乙篤」を結成し、音楽活動を展開する。2017年8月、1stカバーアルバム「13月の陽炎~月下楼」をリリースする。 オリジナル曲含め全12曲入り。全オリジナルアレンジのバンド仕様で昭和の名曲が新しい曲として生まれ変わり、現在幅広いジャンルを取り入れた「ハイブリット演歌」と称し、精力的に全国でのライブ活動を展開している。

SINGLE

おんな玉響夢かざりのジャケット写真

おんな玉響夢かざり

おんな玉響夢かざり

2018/01/09 - 1 曲

  • 1
    おんな玉響夢かざり
    あべ尚乙美
    05:13
  • 試聴について

    ※ 反映までに時間がかかる場合があります。

    ※ JASRAC管理楽曲は試聴できませんので、ストア側で試聴して下さい。

    ※ リングトーンの試聴はPCからではできません。

Available on

レーベル : COCOON MUSIC

ジャンル : 演歌/日本伝統 / 歌謡曲

【タイトル】おんな玉響夢かざり
【作詞】ながいさつき
【作曲】小池蓮
【編曲】広能昌三


【作品紹介】 文芸作品にもなっている「お夏清十郎」「八百屋お七」「高尾太夫」に登場する女の恋、ひとときに燃えた女の情念をテーマに表現をした作品である。
作詞は、2013年「いわきの漁り節」日本作詩大賞新人賞入選、2014年「港じゃんがら帰り船」日本作詩大賞最優秀新人賞受賞をされた、作詞家 ながいさつき氏が担当。
作曲は、新進気鋭の作曲家 小池蓮氏が担当。
歌は、演歌歌手・ハイブリット演歌歌手のあべ尚乙美。
色んなジャンルを歌うあべ尚乙美のまた新しい分野の作品である。