Hisako Hiseki

◆京都市立芸術大学音楽学部で園田高弘氏に師事し優秀な成績で卒業。その後大学講師を経て渡欧。オーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウムでサマーコースを修了後、ドイツのハノーバー音楽演劇大学独奏クラスで、ハンス・ライグラフ氏に、スイスのウィンタートゥア・コンセルバトリウム演奏家クラスで、クリストフ・リースケ氏にそれぞれ師事、演奏家国家試験に合格して卒業。 ◆スペインで、アリシア・デ・ラローチャの愛弟子となり、ラローチャと共同でアルベニス作品の楽譜校訂にも取り組み、アルベニス・メダルを受賞。 ◆マリア・カナルス国際コンクール(スペイン)名誉賞受賞、ピアノ80コンクール(スイス)第1位優勝。カタルーニャを始め、スペイン全土、日本、スイス、ドイツ、フランス、イタリア等で多数のコンサートを行い、オーケストラとの共演のほか、テレビ・ラジオの音楽番組にも多数出演。 ◆2006年、アルベニスの生誕地におけるフェスティバルに招待ピアニストとして「イベリア組曲 全曲」を演奏。カタルーニャ州政府、アルベニス協会、アルベニス家より、イサーク・アルベニス・メダルおよび賞状を受賞。 ◆2009年、アルベニス没後100年記念公式演奏会に出演。ヨーロッパ及び日本でも演奏。 ◆2010年、スペイン、イタリア、北米、南米、日本各地でアルベニス生誕150年記念演奏会に出演。 ◆2011年、前年同様、各地で“スペインの魅力コンサート”を開催。日本ではスペイン政府文化省よりグラシアン基金の助成を受け、ソロコンサート及び、「アルベニスのピアノ協奏曲」日本初演を行う。(管弦楽:九州交響楽団) ◆2012年「アナザースカイ」(日本テレビ)、「徹子の部屋」(テレビ朝日)等に出演。 ◆2012年レコード芸術1月号において、3枚のCDが特選盤、準特選盤に、2013年同じくレコード芸術4月号で「スペイン音楽の世界」が準特選盤に2013年「400年の夢~時空を超えて」がスペインのメロマノ誌で金賞受賞。 ◆2013年スペイン~日本の交流400周年記念イベントとしてCD及び、ドキュメンタリ―ビデオを制作。バルセロナ、マドリードで前夜祭コンサートを開催、サラゴッサ、アレ―ジャ、グランカナリア、東京、神戸、ビルバオ等、2014年同様コンサートを展開各地で高い評価を得た。 ◆2014年NHKEテレ「ららら♪クラシック」にアルベニスの難曲「イベリア」でゲスト出演。 ◆2015年浜離宮朝日ホールで女優の竹下景子氏の解説でコンサートを開催、スペイン音楽の魅力を伝えた。 ◆同年12月には、在バルセロナ日本国総領事館より公館長賞を受賞。長年、日本とスペインの文化交流に尽くし、スペイン音楽を多くの国で演奏してきたことや、2013年のスペイン・日本交流400周年での日本の作品及びスペイン作品を各地で演奏したことなどの功績が認められた。 ◆サグラダ・ファミリア地下礼拝堂で17年間、建設募金集めのチャリティ―コンサートを開催。 ◆2014年NHKEテレ「ららら♪クラシック」にアルベニスの難曲「イベリア」でゲスト出演。 ◆2015年浜離宮朝日ホールで女優の竹下景子氏の解説でコンサートを開催、スペイン音楽の魅力を伝えた。 ◆2016年10月、音楽之友社よりグラナドス《ゴィエスカス》校訂・解説付楽譜を出版。 ◆現在、CD制作やコンサートなどを展開中。スペイン音楽のスペシャリストとして、ヨーロッパを中心に活躍中。スペインバルセロナ在住。

ALBUM

Hisako Hiseki 2016 Piano recital Granados 100th anniversary after death - World of Goya drawn with a piano · Goeskas ~

Hisako Hiseki 2016 Piano recital Granados 100th anniversary after death - World of Goya drawn with a piano · Goeskas ~

2017/01/21 - 7 Songs

  • 1
    Los requiebros (Live)
    Hisako Hiseki
    09:01
  • 2
    Coloquio en la reja (Live)
    Hisako Hiseki
    10:55
  • 3
    El fandango de Candil (Live)
    Hisako Hiseki
    05:45
  • 4
    Quejas o la maja y el ruiseñol (Live)
    Hisako Hiseki
    06:54
  • 5
    Amory la Muerte (Live)
    Hisako Hiseki
    12:12
  • 6
    Epilogo (Live)
    Hisako Hiseki
    07:57
  • 7
    El pelele (Live)
    Hisako Hiseki
    05:00

Available on

LABEL : Asteroid Classic

GENRE : Instrumental / Holiday

This song collection is depicting the story of free love of Madrid in the 18th century where the whole is old-fashioned Spain, national strength, Spanish genuine culture and customs were developed. The reason that Granados made this song was because I wanted to get a job as a teacher in Madrid in order to live, but I hung on typhoids, after all I could not take a test and stay until I recovered I saw the collection of paintings of Goya of the Prado Art Museum which was near the pension which I was doing, and passed every day. It seems that I got a strong inspiration especially from the 5th printmaking collection of Capriccios of Goya. Also the fifth song, love and death, Capriccios number 10, El Pelere is taken from the frescoes of the alliance. This song collection was later arranged for opera and performed in the metropolitan. Well, the story can be said to be "a story of love of jealousy", but it is said that the aristocrat, called mahismo, imitates the epidemic of the common people, enters between ordinary people by encouragement, and enjoyment I am making a dubious drama. It seems that the aristocrats who were bound by strict discipline were seeking freshness, similar to the world of opera Carmen, a commonly used subject. Characters are the coquettish aristocracy Rosario, which is said to be a model by Duchess of Aruba, her lover, Captain of the Guards Captain Fernando, bullfighter boyfriend of the girlfriend Pakiro, his fiancee, Pepa.