Yoshiki Iwanaga

「暗闇の中に僅かな希望の光が射したような世界観」をテーマに音楽を。 2000年より人力テクノバンド「TAVAT-束-」にて本格的な音楽活動を始める。 数々の野外パーティーに出演し、精力的な活動を展開。 2009年より「暗闇の中に僅かな希望の光が差したような世界観」をコンセプトとしたソロ活動を始める。 ギター+エレクトロニクス編成を中心に、リフを前面に押し出したミニマルサウンド、 それに色付ける多幸感のある音色が特徴。 2011年9月に10年間作り続けてきた楽曲を中心に、エッセンシャルアルバムとして2枚組32曲の 1st Album「Shed a little light on」を発表。 Photo by Hiron

SINGLE

38 Guitar phrases and rhythmsのジャケット写真

38 Guitar phrases and rhythms

Trigger Pointのジャケット写真

Trigger Point