Viento

阿蘇大陸から吹く雄大で力強く、そして爽やかな風を運んでくる、デュオ、ビエント。 ビエントの音楽には阿蘇の風景が宿っている。 アンデスの自然に似た阿蘇を活動の拠点に定めた吉川万里と、熊本の自然をテーマに音楽活動をしていた竹口美紀が出会い、1997年にデュオを組む。 竹口の自在に踊るように奏すシンセサイザーと、吉川が奏でるメロディー。そして合間に語られるトーク。これらが三位一体となり、心地よい風のように吹きぬけるのがビエントサウンドである。 自然への畏敬の念を持ち、生きとし生けるものを愛し、文化を伝承する。ビエントはそんなスタンスを崩すことなく、阿蘇を拠点にした活動を続けることに変りはない。 ◆主な活動履歴◆ [JNN九州7局ネット 新・九州遺産] RKBをキー局にJNN九州7局が各局ごとに地元の文化や歴史をテーマに制作し放映された「新・九州遺産」のテーマ曲や挿入曲を手がける。映像とマッチする彼らの音楽は「耳で聴く九州遺産」と好評を博す。 [熊本城築城400年祭・お城まつり] 2006年の熊本城築城400年祭ではメインテーマ曲を手がけ、CMやイベントなどに使われた。また、毎年行われる春・夏・秋のお城まつりには、熊本で活躍する芸能関係者とステージで共演している。 [学校行事] 小中学校の文化育成教育として、学校での演奏経験も多い。子どもたちが自ら演奏に参加するなど、学校ならではの演奏プログラムを組むことができる。 [健軍文化ホール自主事業] 毎年1月に行われるニューイヤー・コンサートをビエントが務める。 [リサイタル・コンサート] アルバムの発売などビエントが自らおこなうリサイタルは、熊本市の市民ホールや県立劇場演劇ホールを満席にしてしまう。美しい照明やセットで演出された中でビエントの演奏が一段と映える。 [イベント・プライベートコンサート] 熊本県内各地で行われるイベントにゲストとして出演し演奏する。天草や人吉、荒尾など活動エリアは熊本県全域にわたる。さらには福岡、宮崎など九州各地に遠征することもある。プライベートコンサートでは、各企業の記念行事や結婚式、パーティーなどでの演奏実績がある。 [阿蘇神社門前町・水基巡りの街並み] ここに行くと、さり気なくスピーカーからビエントの曲が聞こえてくる。商店街の努力で美しく、情緒豊かに整備された街並みにビエントの曲がマッチする。

ALBUM

森の詩

断崖の翼

森の詩

2017/02/25 - 13 曲

  • 1
    阿蘇大陸~巨石の都
    Viento
    04:05
  • 2
    夕日と童
    Viento
    04:42
  • 3
    ~森~ 「潤い」
    Viento
    03:01
  • 4
    ~森~ 「雪」
    Viento
    02:44
  • 5
    ~森~ 「息吹」
    Viento
    04:04
  • 6
    幼なじみ 「熊本城うたまひ絵巻」より
    Viento
    03:51
  • 7
    ありが10ぴき
    Viento
    01:24
  • 8
    雨の妖精
    Viento
    02:56
  • 9
    マチュピチュ
    Viento
    03:30
  • 10
    木馬
    Viento
    03:38
  • 11
    キジムナー
    Viento
    05:31
  • 12
    本丸御殿 「熊本城うたまひ絵巻」 より
    Viento
    03:44
  • 13
    出会い
    Viento
    04:57

Available on

LABEL : Viento Office

GENRE : インストゥルメンタル / ワールド / ニューエイジ

すでに絶版となっている2005年発売のベストアルバム「森の詩」がダウンロード販売で聴けるようにりました。

アルバム第一作「Viento with OIYOSI」アルバム第二作「大地の唄」に含まれる曲が多くリメイクされて収録されています。
ある意味、“阿蘇の大地に根付いた音楽を“というVientoの原点をもう一度回帰して見つめなおすメッセージを感じます。

このアルバムで注目すべき曲はまず、Vientoの原点と言える「森」の三部作。第一作に比べて音の透明度が高まり、伸びやかな演奏によりVientoの一層の進化を感じることができます。

Viento発展期における集大成のひとつとして、親しんでもらえたら幸いです。

断崖の翼

2017/02/02 - 15 曲

  • 1
    海都ムナカタ
    Viento
    05:33
  • 2
    天空の記憶
    Viento
    03:07
  • 3
    波斯ペルシャ
    Viento
    02:01
  • 4
    波濤に挑む
    Viento
    03:38
  • 5
    かのこゆり
    Viento
    02:12
  • 6
    神宿る島
    Viento
    02:05
  • 7
    Viento
    03:46
  • 8
    断崖の翼
    Viento
    05:17
  • 9
    野の花たちの歩む道
    Viento
    02:58
  • 10
    人形の旅
    Viento
    04:34
  • 11
    哀しみのアリラン
    Viento
    02:53
  • 12
    抗いの記
    Viento
    05:49
  • 13
    秋芳洞 ~時の彼方~
    Viento
    03:25
  • 14
    秋吉の風
    Viento
    04:24
  • 15
    浜辺の歌
    Viento
    03:37
  • 試聴について

    ※ 反映までに時間がかかる場合があります。

    ※ JASRAC管理楽曲は試聴できませんので、ストア側で試聴して下さい。

    ※ リングトーンの試聴はPCからではできません。

Available on

LABEL : Viento Office

GENRE : インストゥルメンタル / ワールド / ニューエイジ

2016年は熊本にとって、そしてVientoにとって大きな節目の年となったことを、最初に記さねばなるまい。

熊本地震である。

2016年4月14日以降、2回の震度7。そして3ケ月に及ぶ長期の群発地震。北は阿蘇山を越え大分県由布町、南は八代市まで広範囲に及ぶ被害と多くの死者をもたらした。

この熊本地震がVientoの活動にも大きな影響を及ぼしたのは言うまでもない。当初、この新しいアルバム「断崖の翼」発売記念リサイタルは2016年6月に行う予定であった。
が…すべて地震により白紙となる。

ケーナ・オカリナを担当する吉川万里は熊本市でも被害の少なかった地域に居を構えていたのが幸いであったが、Vientoがオフィスを構え、作曲とシンセサイザーを演奏する竹口美紀が住まいとするのは阿蘇郡西原村。阿蘇山のカルデラ地形を囲む外輪山の外側に面した村だ。

Vientoオフィス周辺の集落は古い民家が多く、ほとんどの住居が倒壊。農業用水を貯めていたダムは決壊。主要な道路は崩落し、狭い生活道路には瓦礫があふれた。生活インフラがことごとく寸断された西原村で避難生活を余儀なくされてしまったのだ。

Vientoオフィスは倒壊をまぬがれたものの、楽器の損傷とインフラの停止、避難生活により音楽活動は一時中断せざるを得ない状況となる。熊本市内の大ホールで予定していたCD発売リサイタルもキャンセルとなった。熊本地震の直前にすでにポスターが刷り上がっていたが、これはすべて使えなくなくなる。

地震から半年もすると、インフラの復旧にともない、徐々に活動を再開できるようになる。いくつかのコンサートを経てCD発売記念リサイタルの準備が進む。

そして熊本地震発生から8ケ月目となる12月14・15日、当初の予定から半年遅れて発売記念リサイタルが行われ、新アルバム『断崖の翼』がリリースされた。

このアルバム収録にあたり、ゲストミュージシャンとして2名の女性歌手が参加する。
川原一紗はヒーリング系を得意とするヴォーカリスト。アクのないないストレートな歌声がすーっと心に染みこんでくる。
福嶋由紀はクラシックのソプラノ歌手。Vientoとの共演はもう10年になろうか。その歌声は確かな技術に支えられ、ぐっと心に迫ってくる。
二人の歌声が絶妙に絡み合う「海都ムナカタ」「秋吉の風」の2曲はぜひ聴いてほしい。

アルバム「断崖の翼」は熊本阿蘇からさらに視野を広げ、その視点は福岡宗像と伝説の沖ノ島、カルスト台地と鍾乳洞で有名な山口県美祢市の秋吉洞まで広がる。そしてアルバムタイトルとなる「断崖の翼」は新しいバージョンとなって収録され、これまでの力強さから、希望や旅立ちというテーマに移っている。奇しくも地震という災害を乗り越えて立ち上がろうとする熊本阿蘇を表しているかのようだ。

このアルバムは歴史に残る地震被害を乗り越えてきた重みが含まれていることを、忘れずに聴いてほしい。