大和田慧

東京出身シンガーソングライター。 ソウルミュージックとキャロル・キング、60〜70年代アメリカ音楽に影響を受ける。誰かがずっと探してたpieceのような言葉と、グルーヴィーでありながら親しみやすいソングライティングは幅広く支持されている。透明で繊細な歌声はやさしく、時に力強く言葉を響かせ、静かにその世界観へ引き込んでいく。 バンド”Mint Julep”としてインディーズデビュー後、2012年よりソロ活動。多くのミュージシャンとセッションを重ね、定期的にニューヨークでも活動。 初の自主制作ミニアルバム「5 pieces+1」がじわじわと支持され、2014年はTAKE6、David Matthews、日野皓正らが出演する南郷ジャズフェスティバルに出演。初のNYレコーディングを行い、全4曲NY録音「A Part Of Me EP」をリリース。 NYハーレム・アポロシアターのアマチュアナイトにオリジナル曲「you are my love」で2014年9月優勝、10月SHOW OFFを勝ち抜き、11月にTOP DOGまで出演した。

ALBUM

A Part Of Me EP

5 pieces +1

A Part Of Me EP

2014/11/13 - 4 曲

  • 1
    A Part Of Me
    大和田慧
    04:54
  • 2
    やさしいキス
    大和田慧
    05:30
  • 3
    some nights, some moments (live at the bitter end)
    大和田慧
    06:17
  • 4
    名前のない月 (live at the bitter end)
    大和田慧
    05:33

Available on

GENRE : R&B/Soul / ポップ / オルタナティブ

シンガーソングライター大和田慧、待望の新音源は初のNYレコーディング!
昨年より親交を深めたNY若手ミュージシャンらと、荒削りながらもグルーヴィなバンドサウンドを持ち帰って来た。ボーナストラックにNYの歴史あるライブハウス”THE BITTER END”でのライブ音源を収録。大和田慧の音楽<NYサイド>全4曲!
M2「やさしいキス」にはひとりアカペラ動画で話題のシンガーよういんひょくがコーラスでゲスト参加。

収録曲目:
1. A Part Of Me
2. やさしいキス(gentle kiss) 試聴する
3*. some nights, some moments -live at the bitter end-
4*. 名前のない月(Nameless Moon) -live at the bitter end-
*bonus track

Vocals & Tambourine : Kei Owada
Bass: Kenji Tokunaga
Keys: Andre Chez Lewis
Guitars: JT Maple
Drums: Alex Drunt
Synth programming:
Tadashi Hirosawa(M1)
Backing Vocal : Inhyeok Yeo(M2)

5 pieces +1

2013/08/15 - 6 曲

  • 1
    名前のない月
    大和田慧
    05:08
  • 2
    Door On The Bright Side Will Open
    大和田慧
    04:17
  • 3
    upside down
    大和田慧
    03:50
  • 4
    大和田慧
    05:53
  • 5
    some nights, some moments
    大和田慧
    05:28
  • 6
    Blue
    大和田慧
    05:31

Available on

GENRE : J-Pop / R&B/Soul / オルタナティブ

誰にでもある、抱えきれない夜。また歩き始める朝。心に寄り添う5つの曲。
Singer/Songwriter 大和田 慧の世界観と存在を"発現"する最初の音源集。
強力ミュージシャン陣に支えられ、セルフプローデュースで2012年9月に発表した1­st demo『5 pieces』が半年で初回生産分を完売。新曲「Blue」を加えてリマ­スターし、全国発売が決定。グルーヴィでクールな「名前のない月」、思わず誰もが口ずさんでしまう「Door on the Bright Side Will Open」、静かに語りかける「糸」など幅広い音楽性で、曲ごとに違う物語を持った珠玉の6曲入り。

参加ミュージシャン:衣笠智英、梅沢茂樹、杉直樹、オオニシユウスケ、濱田織人、波田野哲也、井上KB幸法、小寺良太、傳田修弘、河村亮、森田晃平

大和田慧 東京出身、シンガー/ソングライター。
アメリカン・ルーツミュージックに強く影響を受け、14歳でゴスペルに触れ、17歳でCarole Kingに憧れ作曲を始める。3人組バンドMint Julepとしてインディーズデビュー後、2012年よりソロ活動。
多くのミュージシャンとセッションを重ね、定期的に渡米。NYの老舗ライブハウスThe Bitter Endのステージに立ち、オーナーに絶賛される。
透明で繊細な歌声はやさしく、時に力強く言葉を響かせる。誰かがずっと探してたpieceのような言葉と、グルーヴィーでありながら親しみやすいメロディが支持されている。