Keiichiro Shibuya

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作に『ATAK000+』、 『ATAK010 filmachine phonics』 、ピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』など。映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマ SPEC」 、JR東海のテレビCM「そうだ京都、行こう。」など数多くの映画・ドラマ・CMの音楽も担当。2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」を発表。同作品は、その後、パリ、アムステルダムで公演が行われ、世界中から上演要請を受けている。現在は東京とパリを拠点に精力的な活動を展開している。

ALBUM

ATAK101 サクリファイス 渋谷慶一郎 feat. 太田莉菜のジャケット写真

ATAK101 サクリファイス 渋谷慶一郎 feat. 太田莉菜

ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on Land”のジャケット写真

ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on Land”

ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimotoのジャケット写真

ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto

ATAK019 Soundtrack for Children who won’t die, Shusaku Arakawaのジャケット写真

ATAK019 Soundtrack for Children who won’t die, Shusaku Arakawa

ATAK010のジャケット写真

ATAK010

ATAK000+のジャケット写真

ATAK000+

ATAK015 for mariaのジャケット写真

ATAK015 for maria

SINGLE

AVALONのジャケット写真

AVALON