中村明一

【Kokoo】 中村明一(作曲,尺八),八木美知依(vo,箏,21絃),磯貝真紀(vo,箏,17絃)。 1995年に結成。尺八1名と箏(13絃・21絃・17絃)2名という純邦楽器のみによる編成で、ビート、ノイズ、コード、インプロヴィゼイションを駆使し、邦楽器と地歌の声の持ち味を十二分に引き出して、尺八と箏という編成からは想像もつかない現代のサウンドを創り出す。立った姿勢で箏を弾くことで、グルーヴ感溢れるライヴを可能にした。 ライブ、放送出演等日本国内各地で演奏活動を行うほか、ロンドンのクイーン・エリザベス・ホール、フィンランドのクフモ音楽祭、トルコのイスタンブール音楽祭、ニュージーランドのフェスティヴァル・オヴ・ジャパン、ニューヨークのジャパン・ソサエティ、イーストマン・スクール・オヴ・ミュージック、ボストン美術館、フィラデルフィア美術館、オランダのワールドカルチャーセンター、ベルリンフィルハーモニーホール、など世界各国で公演。 CD ◎ Kokoo/ZOOM (キング/KICP681) 中村明一の尺八と箏2名からなるバンド「Kokoo(コクー)」のファーストアルバム。 ◎ Kokoo/super-nova (キング/KICP716) 「Kokoo」のセカンドアルバム。往年のロックの名曲を第一線で活躍中の編曲家10名の手でリメイク。 ◎ Kokoo/moon (マクセル/MQCP-1) 「Kokoo」のマキシシングル。地歌の声を活かしたスピリチュアルな世界。

ALBUM

KOKOO ~moon~のジャケット写真

KOKOO ~moon~