Small Size Pendelton

「放っておくならばほぼ一月に一度の割合で排出され、良質なポップス環境の中でおそらく素直に麗しいソングへと育ってゆくだろう自身の曲を、Small Size Pendeltonの二人は容赦なく手術台の上に乗せ、まだ首も据わっていないその曲にメスを差し込み、上下を取り替え、さまざまな機械を捻じ込み、引き伸ばし、その果てにまた培養液の中に漬けなおしたりもする。これは彼らの嗜虐趣味の成せる業か?いや、チューンを切り刻む彼らの手つきにはフェティストに特有な湿った熱気はいささかも感じられないし、実際二人の手から生れ落ちるポップ・チューンの顔つきはその血統の良さを反映してか、一見、拍子抜けするほどすっきりと整えられている。飽きるまで繰り返される実験は、生理としてのポップスの中に都市生活者の日常を支配する淫靡な徒労の感情、自堕落でダウナーな雰囲気を漂わせるために必要とされているのだ。彼らの美しいメロディーのそこここに現れる驚くべき疲労の色は、身体の深い場所で僕たちの感情を揺さぶらずにはいない」 (評論家、サックス奏者、ラッパー 大谷能生)

ALBUM

The Best of Small Size Pendeltonのジャケット写真

The Best of Small Size Pendelton