OSHIDAAYA

幼少期よりたまたま父のレコード棚にあったジャーマンエレクトロやプログレ、サイケ、アシッドフォーク等の洗礼を受け、自身ではピアノを弾くなど様々な音楽に囲まれた思春期を過ごす。20代にして初めて手にしたエレキギター、フライングVを携え、こちらも初めてドラムを叩くという友人cassと二人組のガールズバンド、Stoned Green Appleを結成。’08年、国内屈指のインディーズレーベルとして知られるCrue-L Recordsよりデビュー。2枚のミニアルバム、「A red strange fruit was crushed with a little plosive sound、then it left me a green one.I bite it once in a while、when it rains.」、「Will You Marry Me」をリリース。さらに2ndミニアルバムから当時ゆらゆら帝国の坂本慎太郎、そして同レーベル主宰、世界的DJでもある瀧見憲司、両者による2曲のリミックスをアナログ12 インチ「Sugar-K Remixes」として’09年シングルカット。坂本慎太郎が初めて手掛けたリミックスということもあり各所で話題を呼ぶ。同年、自身の出産を機にバンドの無期限活動停止を発表。’10年、murmur magazine誌面での共演を経て文筆家/詩人/編集者:服部みれい(bass)、ミュージシャン:嶺川貴子(drums)、忍田彩(guitar)による3ピースの音楽ユニットmmaを結成。’12年、嶺川の脱退を経て現在ではイラストレーター平松モモコをドラムにむかえ不定期活動中。’15年にはmmaとして初めての作品「young birds/oh so blue」をアナログ7インチにてリリース。同年ソロとして初のミニアルバム「World is Your Oyster」をカセットテープで限定発売。 ‘18年、新たなソロ・ミニアルバムをアナログにこだわった機材が揃う吉祥寺の名スタジオGOK SOUNDにて同スタジオの近藤祥昭をエンジニアに迎えレコーディング敢行。KIMKEN STUDIOの名マスタリング・エンジニア、木村健太郎がマスタリングを施しサブスクリプションにてリリース。

ALBUM

WOMANのジャケット写真

WOMAN

WOMAN

2018/06/14 - 5 曲

  • 1
    Please Please Please Let Me Get What I Want
    OSHIDAAYA
    02:15
  • 2
    WOMAN
    OSHIDAAYA
    03:29
  • 3
    PURPLE PHASE
    OSHIDAAYA
    03:58
  • 4
    SAD VACATION
    OSHIDAAYA
    02:07
  • 5
    YOUNG BIRDS
    OSHIDAAYA
    03:08
  • 試聴について

    ※ 反映までに時間がかかる場合があります。

    ※ JASRAC管理楽曲は試聴できませんので、ストア側で試聴して下さい。

    ※ リングトーンの試聴はPCからではできません。

Available on

レーベル : OUT OF VOGUE

ジャンル : オルタナティブ / フォーク / ロック

「WOMAN」、それはシンガー・ソング・ライター、オシダアヤがバンドStoned Green Apples, mmaを経て、自身の出産による子育てや文筆業、モデル業、ソロとしての弾き語り等不定期な活動の傍ら、日々の暮らしの中で感じた様々な気付きにインスパイアーされた物語の欠片を拾い集めたファイヴ・ストーリーズ。例えるならば泡沫の空気の揺らぎの如く微かな音や言葉の原石のようなものを丁寧に掬い取ってひとつにまとめた短編小説集のようなもの。彼女が徒然なるままに育て上げた、極めて個人的な五つの楽曲からなるミニ・アルバム。収録された5曲はアナログにこだわったほぼ一発録りにてレコーディングされた。それはまるでアナログ・テープ特有のホワイトノイズが描き出す素描画の如き空気感、更にはその時間までをも磁気テープへと封じ込めたかのようである。

SINGLE

Long Hot Summerのジャケット写真

Long Hot Summer

Long Hot Summer

2018/09/19 - 1 曲

  • 1
    Long Hot Summer
    OSHIDAAYA
    03:36
  • 試聴について

    ※ 反映までに時間がかかる場合があります。

    ※ JASRAC管理楽曲は試聴できませんので、ストア側で試聴して下さい。

    ※ リングトーンの試聴はPCからではできません。

Available on

レーベル : OUT OF VOGUE

ジャンル : オルタナティブ / ロック / ボサノバ

2018年6月に配信したアルバム「WOMAN」の収録曲が様々なプレイリストで好評を博す中、早くもOSHIDAAYAが去りゆく猛暑の夏に送るレクイエム!今回は’83年8月にリリースされたご存じTHE JAMのギタリスト&ボーカリストのポール・ウェラーによるユニット、THE STYLE COUNCILのネオアコ・クラシックの名曲、「Long Hot Summer」のカヴァーを配信。全ての楽器を彼女自身で手掛けたオルタナティヴでロックでボッサな脱力アレンジに気怠い歌声。中毒性を有した得も言われぬ心地良さを醸し出すキラーチューンが誕生!