loading
Loading...
Spotlight

美しい衝動の瞬間たちが飛び交う、東京アンダーグラウンド ー『Have a Nice Day! 浅見北斗』

2016年07月12日

Tweet

写真提供:岩澤高雄
 
今回のスポットライトは Have a Nice Day! 浅見北斗さんへのインタビュー。
ライブでは大の大人の男2人が踊り、歌い狂う。観衆もまた、彼らを応援するように、でも煽るように、暴れる。
「暴れたい、殴りたい、ぶつかりたい」決して一口に綺麗とは言えない欲望や衝動の衝突が美しい瞬間がある。そんな人間の愚かな純粋性を肯定するバンド「Have a Nice Day!」
彼らの音楽は、ロック、HIPHOP、R&B、ソウル、ポップ、ダンスミュージック…色んなジャンルが混ざっていて、聴く人を選ばない。彼らを表現するキーワードは、ザワザワした東京、都会の気だるさ、夜の衝動と欲望、昼の抑圧感、そしてそんな世界に生きる人たちのドリームとロマンス。
 


 

音楽的衝動の塊のような人間との出会い

 
 
――本日はよろしくお願いします。まず結成のきっかけを簡単に教えてください!
 
2011年から本格的にやってます。それまではサンプラー1台でラップというかほとんど即興みたいな感じであんまり曲もなかった。でも、ドラムを入れてちゃんとライブをやってこうってことでやり始めて。今はもういないんですけど、左手でシンセを弾きつつ、右手でギターを弾けるすげー器用な奴がいて。そいつが結構ちゃんと曲を作るような状態にしてくれた。それで、『hello good music, hahaha…』っていうCDRの音源を、一番最初にまとめて作って。それが2011年の終わりで、ほぼ2012年なんだけど。そっから新宿Loft、下北沢Threeとかでライブをするようになってきた。
 
メンバーは2012年4月にギターの奴がやめて入れ替わりでシンセを弾いていたさわさんが入ったんだけど、先日のO-WESTのワンマンで脱退して。ドラムはもともと叩いてくれていた島田と、内藤さんっていうボーカルというかダンサーみたいな人。最近はシンセに遊佐さん、あとギターのムツオくんって二人のサポートメンバーがいる感じで。あと俺がコンポーザーというか、録音は全部俺一人でやっていて、他のメンバーはライブメンバーという感じで。

 
――曲を作るのもおひとりですか?
 
そうそう。大体曲ができたら、スタジオに皆で入って、こういう風に叩いてとか弾いてとか、大まかに言うんだけど、基本的には録音物通りにやってもらうという感じ。
 
――メンバーと出会ったきっかけは何だったんですか?
 
ドラムの島田は、元々マリリンモンローズっていうバンドをやってたんだけど、そのバンドの活動が停滞してきちゃって、サポート的に叩いてもらってる。だいぶ長く3,4年やってもらってるかな。
遊佐さんは壊れかけのテープレコーダーズ、ムツオくんは天狗インベーダーズってそれぞれ彼らがやってるバンドをだいぶ前から知ってて、こっちから声をかけて手伝ってもらってる感じで。
内藤さん、この人が一番変わってる方なんだけど、彼は今46、7歳。俺今年33歳なんで14個上くらい。チビデブメガネ三拍子そろった男で。
 
――それだけでもう、めっちゃおもしろい方そう!!(笑)
 
めっちゃくちゃおもしろい人ですね。この人は元々、ライブハウスで1人即興ラップをしていた人で。ライブハウスで見かけて、「どうにもなってねえけど、めっちゃおもしろいな、この人何とかしてみたいな」と思って、バンドはまだできてなかった頃、俺もまだサンプラー1台で、ラップしたいけど、形になってないという時に声をかけて。
「一緒にやろう」とは言ってないかな。その時はおもしろそうだなと思って話しかけて、仲良くなっていってだんだん遊んだりするようになって、自然に一緒にやるようになったって感じですね。
 
――友達みたいな感じの始まりですね。
 
うん。まあ14個上のおっさんなんすけど(笑)
 
――内藤さんも曲作りには携わっていないんですか?
 
全く携わってないかな。でも、音楽がすげえ好きな人なんです。俺はあんま古い音楽は聞かないんだけど、ファンクやソウル、例えばマーヴィン・ゲイとかパーラメンツ、ファンカデリックとか結構聴いてて教えてもらってた。普段もFOOTWORKとかマイケル・ジャクソンの映像みたり。
 
James Brownのドキュメンタリー映画『SOUL POWER』に一緒に行ったことがあって。短観映画だから、俺らが見に行った頃ってもうお客さんそんなにいなくて、俺ら含めて10人もいない時だったんだ。それで内藤さんが映画にすげえテンション上がって話しかけてくるわけ、いちいち「James Brownが…」とか。「ああそうなんすね、そうなんすね」と聞きながら。
 
――敬語なんですね(笑)
 
一応年上だから!(笑)James Brownのライブが映像で流れてきて、内藤さんがちょっともぞもぞし始めて……なんか楽しくなってきちゃったみたいで。
 
――衝動が…(笑)
 
そうそう、音楽的衝動がすごく溜まってきて。エンドロール曲が流れるじゃないですか。そしたら、内藤さんそれが爆発しちゃって、立って歌い始めちゃって!俺すごい驚いたんだけど、周りのお客さんもっと驚くじゃないですか、え、何この人って。
 
だけど、やっぱり内藤さんエネルギーがあるから、えっ!?と思われつつも、結局何故か、みんながわぁっと感動して拍手が起こって、最終的に内藤さんに皆が握手を求めて帰っていく光景…。この人のライブが終わった、みたいな感じになった。
「この人何なんだ?!でもこの人だったらあり得るかぁ」と思った。そういう“持ってる“男なんです。
 
――すごくおもしろい方であることを確信しました。
 
この人やっぱりすげえ面白いなと思って、この人を恵比寿リキッドルームのステージに立たせたいっていうのもあって、今までやってた。思い入れは内藤さんに強くあるかな。
 

ライブハウスの温度感、自分たちのやっていることのテンション感をリリースにダイレクトに持ち込みたかった



写真提供:岩澤高雄
 
――クランドファンテイングをしたきっかけは何だったんですか?
 
CDをリリースするということは今誰でもできるし、でも多分そのやり方は、合わないのかなと。ハバナイのお客さんはライブハウスに来るお客さんだからね。
例えば、タワーレコードに置いてもらって買ってもらうのも別にいいと思うんだけど。そうじゃなくて、CD販売からレコ発までが一緒になっていてもらいたいっていうのがすごくあって、どうしたらいいかなってすげえ考えて。
CDをショップに置いてもらって、買いに行かせて、それでレコ発やりますって別のところに行かせる流れってなんとなく差がスゴイ。


 
――3アクションありますね。
 
俺たちがどんなにテンション高くやったとしても、CDショップで買った時のテンションと我々がやってるライブのテンションって全然温度差が違う。ライブハウスの温度感、自分たちのやっていることのテンション感をリリースにダイレクトに持ち込みたかったっていうのがすげえある。クラウドファンディングでそれが可能になったかな。クラウドファンティングでCDをリリースするというのが最初のスタートラインで、そのCD販売で得た金額をレコ発に当てるっていう流れ。
 
――還元されていますね。
 
うん。すごいダイレクトな流れになってるから。そこにCDを流通するっていうことを噛ませないのが大事なのかなって。例えばBand Campも一応デジタルリリースではあるんだけどそのBand Campでやると、レコ発に向かわせる1クッションがまた別に必要。
でもクラウドファンティングならテキスト、CD販売が一緒で、なおかつ目標金額がわかりやすく出るから。たまたまそういうやり方がハバナイにめちゃくちゃ合ったという感じ。
 
――ハバナイファンの人はCDを買ったらそのままライブに行けるっていう仕組み良いですねえ。
 
あ、クラウドファンディングやった理由もうひとつ!俺クラウドファンティングっていうシステムにすごい嫌悪感があって。
 
――嫌悪感ですか。
 
例えば、「音源を作りたいからお金を出してください」というのをやってる連中がいて。
100万欲しい、と。そこに、(お金を出したら)メンバーとバーベキューに行けるとか、メンバー手作りの何かがもらえるとか書いてあって。
 
――アイドル商法みたいな感じがしますね。
 
そうそう。俺これに対して、なんだよ!と思って。このキャバクラみたいなシステム、すげー気持ち悪いなって。こういうのが嫌だったから、そういうシステム化を逆転させたいなと思った。

だから、まず音源はクラウドファンディングに失敗しても失敗しなくても100%必ずみんなにあげる。買ってくれた時点で音源はデータで渡しちゃうんですよ。1500円払ってくれた人にはデータ、5000円払ってくれた人にはデータと盤。これ(後者)は成功したから当日渡せたけど、もし成功しなくても本人たちに送るか渡すかしようと思っていて。なんかその、インターネットの使い方を面白くない方向に持って行ってるやつらいっぱいいるなと思って。
 
――うんうん。
 
そういうのをある種バカにしたかったっていうか。そいつらがすげえくそみたいに見えるなって思えるやり方で。
俺がクラウドファンディングやってよかったなって思うのは、クラウドファンティングっていうものに対して、気持ち悪いと思っていたけど、Have a Nice Day!のやり方は、格好いいって言ってくれる奴がいたこと。そういうことをネット上で言っている人がいるってことは、みんな(「100万欲しい」の例みたいな)クラウドファンティングは気持ち悪いって実際にみんな思っていたんだなっていうことが浮き彫りになってよかったな。


 
――TuneCore Japanは使ってみてどうですか?
 
前、普通にiTunesに登録しようとして、すごく大変でしんどくて二度とやりたくないと思ったんだけど、チューンコアではすぐできたからこんな簡単な方法あるんだと思って、ビックリ。ぜひみんな使ったほうがいいよって思った。
それこそ、チューンコアやクラウドファンディング、Twitterの登場で、本当はオルタナとかインディーズで自分たちだけでやると大変なことがだんだん楽になってきてるんだよね。でも意外とみんなが使ってない。
新しいことしないとだめだと思うな。そういえば、アメリカだとバンドの需要って今無いらしいですよ。
 
――ほう…。
 
バンド活動自体が重くなっていて。曲作り、録音でいっぱいいっぱいで新しいことを試す余裕が無いんだろうと思う。
 
――更新頻度が遅くなりますよね。
 
打ち込みだとサウンドクラウドが使いやすいし、どんどん曲があげられるんだけど、バンドでは大変でできない。アルバム1枚作るのに100万~150万するのに、結局回収できないみたいな。そういう人達はやっぱり回収したいから一番利率の良い方法でCDで売りたいんだろうね。iTunes、Band Campも手数料が売り上げが引かれちゃうから。そういうのが皆嫌でデジタルに挙げないんだろうけど。
ハバナイはバンドだけど、自分の判断でやっているので、どんどん挙げていけるからそういう点はよかったかな。

 

皆がリキッドはある種無理だろうなと思いつつも埋められなくはないっていう可能性を十分に持っていた

 
 
――恵比寿リキッドルームでライブをすることにはどんな意味があったのでしょうか?
 
リキッドルームっていうのは、メジャーの後ろ盾がほぼつかない、自分たちでやれる限界ギリギリの箱なのかなって。多分そこから先、赤坂ブリッツ、コーストとかだとさすがにイベンターとか入れないとキツイ。リキッドはイベンターも入れてなくて、完全に自分たちだけでやったんだよね。あとは単純に自分の中で思い入れの強い箱で。例えばATARI TEENAGE RIOTの来日公演だったり、ブルーハーブのライブだったり、Autechreを見に行ったり。
あと、赤坂ブリッツとかってやっぱりまあ業界の匂いはするから…。俺らが憧れてた2000年代の音楽、アンダーグラウンドな音楽をできる限界がリキッドなのかなっていうのもあった。
 
――なるほど。
 
その時点では、皆がリキッドはある種無理だろうなと思いつつも埋められなくはないっていう可能性を十分に持っていたから。WWWだったら埋まるだろうし。まあWWWをマックスに埋めたこともなかったんだけど、それは周りのバンドが既にやっていること。リキッドはまだ当時やってなかったから。そこまで追い込まないと意味ないし、物語性も生まれないから。あとやっぱり内藤さんをリキッドのステージに立たせてみたいっていう個人的な欲望(笑)。
 
――立たせてみてどうでしたか?(笑)
 
いやぁやっぱね、絵になる男だなぁと思った。
俺昨日幕張メッセで、Perfume のライブ観に行って、3万人の観衆がいて、うおーって思ったけど、やっぱこのステージにはPerfumeより内藤さんの方が合うんじゃないかと思った。
 
――なんだか、映えそうですよね。
 
Perfumeも確かにかっこいいけど、普通だから。ステージに立ってることに違和感がない。内藤さんとかやっぱ違和感ありすぎて、おもしろくなる。そういう人が立つべきなんじゃないかなって。だから次はやっぱり幕張メッセかなと(笑)
 
――Perfumeと共演してたら面白い(笑)
 
内藤さんとPerfume、超現実な感じがするよ。そういうのを観たい。
 

「ドリームとロマンスを取り戻す」みたいなことを口にした瞬間に、みんながそれを本当に使い始める



写真提供:岩澤高雄
 
――ハバナイって昼間の正気よりも真夜中に聴いたほうがなんだか心にクるんですよね。
 
まあ、酔っぱらってもらいたいかな。ライブハウスはある種危険な場所であってもらいたいというか。もちろん、痴漢とかはあってはならないと思うけど。
ライブハウスは外の世界と衝突する瞬間じゃないですか。単純にCD聴いているときとは違う。現実との衝突って、生きていく上で大事だし。例えば人に暴力を振るいたいというある種ネガティブな欲望を剥き出しにしている瞬間が美しかったりする。そういう剥き出しの人間が美しいし、面白い。
 
――刹那的で美しいというのはありますね。
 
お客さん見てて思うけど、俺の発言に対しめちゃくちゃピュアに信じるから。「東京アンダーグラウンド」って言いだした瞬間に、みんなそれが本当に存在するような空気感でその言葉を言い始める。言葉の力ってすげえなと思う。例えば、「ドリームとロマンスを取り戻す」みたいなことを口にした瞬間に、みんながそれを本当に使い始めるんだよね。
 
――その言葉が現実的に事実かどうかということではないんですよね。
 
そうそうそう。みんなが信じる力や純粋さの強さなのかな。
 
――なんとなく言語化できなかった気持ちですよね。
 
手が届かなかった、言語化できなかった部分を言語化していきたかった。だからこそ、ちょっときわどい部分もあるかな。言葉の意味をみんなが勘違いしていることもあるから。例えば、オレが口にする「東京アンダーグラウンド」って言葉はハバナイにしか当てはまらないような気がする。
ハバナイの周辺っていう意味ではNATURE DENGER GANG、おやすみホログラムも当てはまるかもしれないけど。
 
――他グループとは違いますか?
 
ネイチャーやおやホロはアンダーグラウンドの特性はそれほど感じないかな。メジャーってフォーマットでも十分に成立するかなあと。ネイチャーは放送コードって問題があるけど(笑)
あとライブに関して言えば、おやホロやネイチャーは東京じゃなくてもよかったとも言えないけど…なんとも言えないなぁ(笑)
 
――なんとなく、ハバナイは東京じゃないとだめな感じはします。
 
多分ネイチャーやおやホロのほうがわかりやすいしキャッチ―だと思うんだ。東京じゃない場所で観ても伝わるんじゃないかなって。


 
――イメージしやすい、という感じですか。
 
そうそう。ネイチャーやおやホロのライブ映像は地方で見てもしっくりくるけど、ハバナイはわからないというか。
ネイチャーのメンバーに島田ボーイっていうのがいるんだけど、彼がツアーで地方に行ったときに、ハバナイの音源を聞いて全然ピンと来なかったんだけど、(車が)東京に近づくにつれて、すげえしっくりくる来るようになったって言っていて。
 
おそらくハバナイの音楽は、東京にいないと感じられない感覚なのかなと思う。少なくともライブに関してはすごいそれがあるんだと思うんだよね。ネイチャーやおやホロのほうが広がりやすいし、分かりやすいとは思う。
要約するとハバナイは地方に死ぬほど弱い(笑) これは由々しき問題ですよ。

 

「これくらいじゃだめだな」って思った。マジで全然。

 
 
――全国へ広がっていくということに関してはどのように考えていますか?
 
広がりたいっていうか、より拡張していきたいというのはめちゃくちゃあるね。かと言って、それがみんなの目指してることの“売れる”という意味ではないのかなって思う。
もちろんアンダーグラウンドやオルタナみたいな言葉を伴って、デカくなっていきたいし。
インディーロックという言葉が売れてるか売れてないかの売れてないバンドという定義として見てる人はやっぱりいて。アンダーグラウンド=売れないバンドと思っている人にそう思われることは別にいいんだけど、単純に事実としてその状態を超えてみたい。
 
でもそれってやっぱり自分たちが巨大な存在として残らないと事実として残らないというか。言葉で説明してみろよと言われた時に説明できる術がない。それを如何にして説明できるところまで持っていくかどうか、みたいなことが大事だと思ったな。
 
――だからこそのリキッドでもあったんですね。
 
そう。でもリキッド終わって、「これくらいじゃだめだな」って思った。マジで全然。
当日まだ人の入ってないリキッドを見たときに、こんな狭いんだ!と思ってびっくりした。
 
――意外と小さくて?
 
意外とどころじゃないよ。めちゃくちゃせまいー!と思って(笑)
頭の中では超デカい箱だったし。
 
やっぱりリキッドやったあとでも状況はほとんど変わらなかったから。変わらないだろうなとは思ってたけど。当日箱の大きさを見て、やっぱりここでやっても変わんないからもっと上を行かなきゃな、ということはすげえ思った。もっとなんかしなきゃなあと。
 
――変化はなかったんですね…。
 
そうだね。世界はそんなに劇的には変化しなかったかな。 
 
――やっぱ幕張…ですかね(笑)
 
3万人を埋めたらもしかしたらちょっと変わるかもしれない(笑)
 
 

生きている人間の魂でしかないもの

 
 
――映画『モッシュピット』についてはどうですか?
 
2015年11月18日、半年前のことだから今見ると稚拙な感じもするかなあ。でも、あれを見て我々に興味を持ってくれた人もいるから、分かりづらさみたいなものを解消してくれた部分もある。逆に見てよりわかんないっていう人もいるだろうしね(笑)。
あくまで映画は自分たちの作品ではないから、あれはあれで楽しめたらって感じかな。
監督してくれた岩淵くんが「Blood on the mosh pit」のPVも作ってくれてるんだけど、一緒に作業もしてるから、俺はあの時のテンション感の方がどちらかというと、緊張感があった。あの曲がリキッドに向かうっていう流れの緊迫感があったから。映画だとやっぱりどうしても後日談じゃないけど、過去のことだから。
 
 
――記録っていう感じですか?
 
うん、そうだね。見た人の中で、ライブを知らないとわかんないかもって言ってる人が多かったけど、映画を観て好きになった人もかなりいたみたいだし。
そういう意味では、ライブに来ない人があの映画を観てピンと来る。それで、ライブに見に来てくれる。もしくは映画として楽しんでくれるとしたら、それはすげえいいのかなと思う。だから単に映画ともまた違うのかな。
今度WWWで、映画の上映をした後にライブをするっていうのがあるんだけど、そのセットで見た方がこの映画は正しいような気がする。
 
――なるほど。
 
そういう熱量が確かなものなのかどうかみたいなのを見に来るというか。
最初の段階では、プロローグで40分くらいの動画をYouTubeに流したんだけど、そういうのも面白いのかなって思っていて。映画が映画館で完結するものではなくなる。例えば、ハバナイの音楽もリキッドのクラウドファンディングもその流れの中で面白いことが起きていたから。クラウドファンディングも、ライブハウスで始まって終わっていたかというとそうではなくて、その前段階のネット上の動きだったり、「Blood on the mosh pit」のPVだったり、ドミューンだったり。そういう流れの面白さ。あの映画も多分映画館で見て映画だけで完結ということよりも、ネット上だったり、ライブだったりの全体で完成というような気もする。難しいんだけどね。本当に映画が好きな人にとっては逆にイヤなものだったかもしれない。
 
――流れがあっての作品完成…。おもしろいです。
 
俺らからしたら、映画は客観的に見れなくてヒヤヒヤするけどね(笑) 「うぉ、また映った!」みたいな。映画って感じじゃないね。結婚式のビデオみたいな感じかなぁ。
つらくもあり、色々な気持ちがこみ上げるものがある。
 
音楽にもライブにとっても、インターネットってすごく重要で。新しいものはインターネットにすげえ落ちてるから。ネットだけじゃないんだけど、PVとかクラウドファンティングとかサウンドクラウド、Band Campも全部結局ネットに上がっているもので、映画もネットから逃れられないんじゃないかと思う。そういう意味では、ネットにしか公開されない映画もあっていいと思うんだけど。それは映画と言えるかどうかわかんないけど(笑)
 
――映画でも分かりますが、ハバナイファンの人熱いですよね。
 
そうそう、みんなアホだからね(笑)
 
――ライブ映像を見ていると、大体男の人がワーッと暴れている感じで(笑)

写真提供:岩澤高雄
 
自分の原風景はああいうものなんだよね。例えば、高校のときに行ったマリリンマンソンのライブとか。本当にケガするんじゃないかと身の危険を感じながら見るっていうものが人生で観た最初のライブだったから、すげえ強烈に残っていて。モッシュやダイブがあって、お客さんに熱量がある、昔あったフェスの「RAW LIFE」とかの雰囲気。だんだんライブは、見て楽しむという方向になってきた。それはそれでいいと思うんだけど、俺はもっとフィジカルなものというか生きていることと直結しているようなライブが見たい。
 
だから、Perfumeすげえよかったけど、生きるエネルギーそのものを見せつけられているかっていうとそこまでの感動はなかった。あれはあれで、素晴らしいと思うけど、自分たちがやることはそういうことじゃないんじゃないかと思って。
 
ハバナイを見に来ている人も、曲を聴きたいというよりも体感したいっていう人が多いんじゃないかな。感じたいとか暴れたいとかの衝動が強いかな。
 
――オシャレでPOPな横揺れバンドとか、暴れない系のライブについてはどう思いますか?
 
それは、否定するつもりはないというか、求めるものが違うと思う。例えば、Perfumeのライブに行って、手を挙げてピョンピョンできるか否か、の自意識の違いというか。俺はできない(笑)。むしろライブ行って暴れる方が自意識のハードルが低くて、静かに聞くとかみんなが手を挙げたら挙げるとかの方がハードル高いんだよね。「これ、俺、絶対できない」って固まる。「お、マジここの3万人、勇気があるな」と思う(笑)。
 
そっちの方が怖い。もっと言うと、物足りなさ。
大衆が支持するアーティストでも、それがマイケル・ジャクソンとかレディ・ガガレベルだったらまた違うと思うけど。レディ・ガガなんて俺の友達が見に行って一曲も知らないのに大泣きして。すげえ好きで全曲知っているグライムスでは泣かないのに一曲も知らないレディ・ガガで泣いてしまったっていう。レディ・ガガ生命力すげー!と思ってその話聞いて感動した。
 
――ハバナイの目指すところはこういった、生命力のあるライブですか?
 
エネルギーや、人の剥き出しの衝動みたいなものの表現が目指すところかな。
俺、ルーツとしてブルーハーツがすげえ好きで。歌も演奏もすげーシンプルだし、演奏も高校生だったら余裕で弾けるレベルで簡単なのに、すげえオリジナリティで。カラオケとかで歌上手い人がブルーハーツを歌うとスカスカに聞こえる。
そういうブルーハーツみたいな、生きている人間の魂でしかないものを表現できるのが音楽の力だと思うし、そういうものを目指したい。目指しつつ、世の中と折り合いをつけていきたい(笑)。
 
――本日はどうもありがとうございました!
 
 
 
Have a Nice Day!
 
リーダーの浅見北斗を中心に、2011年頃より活動するジャンク・ディスコ・バンド。前身バンドは“害チューン”。ウネるシンセや太いベースを軸としたサウンドが魅力で、2012年にオモチレコードより『BLACK EMMANUELLE EP』を発表。新宿ロフトで開催される“SCUM PARTY”の中心的バンドとして、どついたるねん、NATURE DANGER GANGらとともに東京アンダーグラウンド・シーンで注目を浴びる。2015年4月にはおやすみホログラムとのコラボ作「エメラルド」をリリースするなど、活躍の幅を広げている。
 
 
 

Written by TuneCore Japan 学生アンバサダー インタビュー / 文:エンドウ
TuneCore Japan公認の学生プロジェクト  WebSite | Facebook
アンバサダーでは新しいメンバーを募集しています!一緒に音楽シーンを盛り上げていきたいという方、詳しくはこちらをチェック!

 
 

ええやん!して記事を見逃さずにチェックしよう!

 

無料アカウント登録
© 2017 TuneCore Japan KK. All Rights Reserved.