loading
Loading...
Spotlight

『なにをどう借りるか選ぶ』センスが、オリジナリティ。『evening cinema』原田夏樹。

2016年04月01日

Tweet
 
 
そのひと『っぽさ』が、溢れる音楽

 
そのひと『っぽさ』をもった表現に対する憧れ、というのがあったりしませんか?
 
たとえば、だれかに贈る寄せ書きに綴った一筆だけでも、『ああ、あのひとっぽいなあ』と感じるような、そんなひと。適当にメモをとったノートの隅っこに描いてあるヘタウマなイラストでも、そのひとっぽさがぐっと滲み出ているような、そんなひと。
 
そのひとにしか醸し出せないだろうなあという、心地よい『っぽさ』をもったひとや表現に出逢うと、ただただひたすら、『いいなあ』とか『素敵だなあ』とか、その『っぽさ』に、ひどく感心するばかりです。
 
さて、今回のSpotlightでご紹介するのは、大注目のAORバンド『evening cinema』。SoundCloud で偶然聴いた音源が、あんまりにも素晴らしくて、あんまりにも素敵な彼ら『ぽっさ』が溢れていて、これはもう、インタビューを申し込まずにはいられませんでした。
 
 
一部の音楽界隈で、もうすでに、じわじわと注目され始めている『evening cinema』。今回はそのボーカルを務める原田夏樹さんに、お話を伺ってみます。
 
 
宅録男子とも呼べないくらいで

 
ーーうわぁ、もう、今日インタビューできるのを、とっても楽しみにしていました。
 
原田:ありがとうございます。なんだか恐縮です…(笑)
 
ーーSoundCloud で偶然『evening cinema』の音楽に出会ったのですが、一聴して楽曲の良さに引き込まれてしまって。
 
原田:うれしいです。実はまだ、『evening cinema』として活動をはじめてから、1年も経っていないんです。去年の夏、8月くらいかな?それぐらいの時期から活動しはじめて。
 
 
ーーえっ、そうなんですか。
 
原田:はい。それに、ぼく自身も打ち込みで音楽をつくるようになったのは、つい最近のことで。これも、1年経ってないかな。だから、宅録男子とも呼べないくらいでして…(笑)。
 
ーー意外です。ずっと音楽をつくってきたひとなのかな?と思っていたのですが。
 
原田:遊びで作曲するようなことはありましたけど、本格的に楽曲としてつくりはじめたのは、ここ1年ですね。うん、この1年間で、色んなことが始まりだした。そんな気がします。
 
 
誰にも言えない秘密は、ビートルズ

 
ーー原田さんのご出身は、どちらなんですか。
 
原田:茨城です。茨城の、すっごい田舎で…(笑)。筑波山の麓にあるような地域で。ぼくが通っていた小学校は、学年全員で15人くらいでした。
 
ーー学年全員で15人ですか…
 
原田:しかも、その全員で15人というのが、10年振りに生徒数が多いと言われる学年だったりして(笑)。新入生がいない年も、ありましたね。一昨年くらいに、ついに廃校になっちゃいましたけど… ほんとに、田んぼしかない町でした。
 
ーーそんな環境で、音楽に目覚めた原体験は、何だったのでしょうか。
 
原田:ビートルズですね。最初に(ビートルズを)聴いたのは、小学5年生のときにあった、音楽に合わせて創作ダンスを踊るイベントで。
 
ーーもしかして、先生がビートルズ・ファンだったとか。
 
原田:そう、そうです(笑)。インストラクターの先生が、ビートルズを好きだったみたいで。『Hello Goodbyle』か『Get Back』かな?どちらかを、BGMにしてたんです。ぼくも含めた生徒側は、それがどんな意味をもつ音楽なのか、当時は全く分からないんですけど。ただその音楽が、ずっと耳に残っていて。
 
<The Beatles - Hello, Goodbye>
 
ーー子どもの頃に触れたものだからこそ、すごく印象に残るし、気になり続けるんですよね。
 
原田:はい。その後に、親父のCD棚から『赤盤』(The Beatles / 1962-1966)と『青盤』(The Beatles / 1967-1970)を借りたことがあって。それぞれ、2枚組なんですけど。そこで『あ!コレだ!!』と気が付いて。
 
ーーあのときのBGMと、今自分が聴いている音楽が繋がったと。
 
原田:『ああ、この音楽だったんだ』という感じで。そこからはもう、そのふたつ(赤盤と青盤)を、ずーっと聴きこんでましたね。
 
ーー小学5年生で。
 
原田:小学5年生でしたね。
 
ーーそんなに早熟だと、全学年の15人の中でも、『ぼくはみんなと違うんだぞ』と思うことはなかったんですか?
 
原田:それが、むしろ、恥ずかしかったんです。いや、今だったら『小学生のときにビートルズ聴いてたんだよね』なんて言うと、なんだか格好いいとは思うんですけど(笑)。
 
ーー『おれは音楽分かってるぞ』感が(笑)。
 
原田:(笑)。でも、当時は恥ずかしくて、誰にも言えなかったです。田舎で生まれ育って、触れられる情報も限られていて、周りの友だちは、みんなポケモンをやっているし、みんな ORANGE RANGE を聴いているし。
 
ーーなんだか自分だけ、違うぞ、と。
 
原田:はい。そんな環境でひとり、『ビートルズが好きだ』なんて、言えなくて。同級生のだれにも言えない秘密が、ビートルズ。そんな感じでしたね。
 
ーーだれにも言えない秘密が、ビートルズ。
 
原田:『Don’t Let Me Down』とかもう、すごく聴きました。小学5年生の自分にとって、ジョン・レノンが歌うあの歌が、すごく深いところに刺さって。
 
<The Beatles - Don't Let Me Down>
 
 
これ全然、パンクバンドの音楽じゃねえよ!

 
ーー小学生以降は、どんなふうに音楽と接してきたんでしょうか。
 
原田:その後、中学に進学しても、しばらくは変わらず、洋楽を聴いてましたね。本屋で『rockin'on』を買って、ページの隅から隅に目を通して、そこに載ってる音楽を片っ端から聴き込んでいくようなことをして。
 
<原田さんが持参してくれた、当時聴いていた音楽の一部>
 
ーーありますよね。その、『スポンジ』のような時期って。
 
原田:そんな日々を送る中、中学生活の後半に、邦楽の良さに気付く出来事があって。文化祭で先輩が、BUMP OF CHIKEN のコピーバンドをやっていたんです。当時は洋楽ばかりを聴いてたので、『あれ?日本語で歌ってるぞ?』みたいな。『しかもなんか、格好いいぞ?』と思って(笑)。そこから、邦楽を聴きはじめました。
 
ーー邦楽ロックとの出会いですね。当時聴いていた音楽で、印象に残っているアーティストはいますか。
 
原田:そうですね… 自分でも知らず知らずのうちに、Mr.Children に相当に影響受けているなと思います。多感な時期に聴いていたがゆえに、自分の血肉になっている音楽、というか。
 
<Mr.Children - Sign>
 
ーーたしかに、原田さんのつくる音楽からは、ミスチルの影を感じます。
 
原田:ほんとですか?自分でも、知らないうちに、という感じなんですけども... その後、高校に進学すると、中学と同じで野球部に所属することにしまして。朝6時に起きて、夜10時過ぎに家に帰るような生活をずっと続けることになって。
 
ーーうわぁ、大変だ…
 
原田:今思えば、どこで音楽を聴いていたんだろうって感じですよね。でも、そんな日々を送る中、今度は『英語で歌う日本人アーティスト』にハマっていって。いわゆる、パンクロックですね。特に『BEAT CRUSADERS』にどハマりしたんです。YouTubeで音楽を調べていたら、関連動画でビークルが出てきて。
 
ーー仮面をつけた、変なひとたちが。
 
原田:英語の発音もネイティブじゃないし、『もしかするとこのひとたち、日本人なのかも?』と思って調べてみたら、案の定、日本人で。『こういう方法もありなのか!』と思いましたね。ほんとうに印象に残っているのが、『Situation』という曲で。恐らくビークル解散前の、最後に出た曲じゃないかと思うんですけど。『もう、これ全然、パンクバンドの音楽じゃねえよ!』って感じの曲で。
 
<BEAT CRUSADERS - Situation>
 
原田:そのときに、ご本人たち、特にヒダカ(トオル)さんは、明らかに確信犯だと思ったんです。自分たちのやっている音楽をパンクだとは思っていなくて、ポップスをやっている。つまり、パンクバンドという姿をした、ポップス集団なんだと思えるようになって。そしたら丁度そのときに、ヒダカさんの本が出たんです。雑誌で連載していたディスクレビューをまとめたものなんですけど。
 
ーーえっと、これか。『ヒダカトオルのROOTS CRUSADERS MANIA ~アダグジを作った名盤122~』か。
 
<ヒダカトオルのROOTS CRUSADERS MANIA>
 
原田:その内容に、すごく衝撃を受けて。ビークルの下地にある音楽を読み解くことが出来るのですが、ほとんどがポップスだったんです。アイドル歌謡もあれば、森高千里も載ってるし。それこそ『はっぴいえんど』も入ってたし。そこからもう、ポップスに目覚めました。70年代~80年代のポップスを、聴き始めるようになって。
 
ーーそれはひとつのターニング・ポイントですよね、きっと。
 
原田:そうですね。ヒダカさんのあの本は、今でも自分にとってのバイブルです。
 
 
松田聖子ばかりを聴いている、浪人生

 
ーー1冊のディスクガイドから、ポップスへの大航海がはじまったんですね。
 
原田:はい。高校を卒業した後、大学進学まで1年間、浪人をしたんですけど、浪人生のとき、松田聖子ばかり聴いてましたからね。
 
ーー浪人生のときに、松田聖子…
 
原田:(笑)。そこで、松田聖子の楽曲が素晴らしいことに気付いて、徐々に楽曲のクレジットを気にするようになって。そうすると、『松本隆』という名前が、異様に多く出てくる。それで調べてみると、以前ヒダカさんの本でも目にしていた『はっぴいえんど』の作詞家で。そういう繋がりが、どんどん出来てきて。
 
ーー水脈が、繋がりだした。
 
原田:もう、そんな感じです。御茶ノ水の予備校に通う途中に、ディスクユニオンがあるんですけど、3日に1回は覗いてました。そこで松本隆が歌詞を提供している楽曲を聴き漁って。『歌謡曲、ポップスって、なんて素晴らしいんだろう!』と思って。初めて『木綿のハンカチーフ』聴いたときとか、ものすごい印象に残ってます。
 
ーー筒美京平、松本隆タッグの名曲ですね。
 
原田:そこで、『筒美京平、やばい!』とかも、はじまっちゃって。アーティスト、職業作家も含めて、色んな音楽を吸収することが出来たんです。
 
<太田裕美 - 木綿のハンカチーフ>
 
ーー面白い。18、19歳の浪人生が『木綿のハンカチーフやばい!』とか思ってるって、相当変わってますよね(笑)。
 
原田:うん、変ですよね(笑)。
 
ーーなんというか、ヒダカさんの本が『よく見える眼鏡』だったとしたら、その眼鏡をかけて、一気に見える景色が広がった。
 
原田:ほんと、そんな感じです。その眼鏡をかけたら、目の前には松本隆がいて、大瀧詠一がいて、ユーミンがいて、山下達郎がいて。
 
ーーそこできっと、原田さんの音楽の下地ができたんですね。
 
原田:そのとおりだと思います。
 
 
『なにをどう借りるか選ぶ』センスが、オリジナリティ

 
ーー少し話が変わっちゃうのですが、原田さんの大学での専攻が『哲学』だと聞きまして。これもまた、面白そうな話だなぁと思ったんです。
 
原田:文学部の哲学科ですね。…これ、ほんとうに面倒くさい話なんですけど、話してもいいですか?
 
ーーもちろん。ご自由に、好きなだけ、面倒くさく。
 
原田:はい(笑)。大学2年生になったくらいかな、その頃、大瀧詠一をめちゃくちゃ好きになっていて。彼が主張していた『分母分子論』(大瀧詠一が80年代に発表した日本のポップカルチャー論)というものがあるんですけど。
 
ーー分母分子論?
 
原田:要は、日本の音楽はすべて洋楽(世界史)から来ていて、分母は『世界史』であって、そこに分子として『日本史』が乗っているという主張なんですけど。
 
ーーへえぇ、面白そう…
 
原田:その大瀧詠一の『分母分子論』について、柄谷行人という思想家が、『おれが文学の世界で言いたかったのは、こういうことだった』と、思想の類似性を語っているんです。つまり、文学もそれと全く同じ分母分子構造であると。そこで、『あれ?音楽も哲学も、一緒なんじゃないか?』と思って。
 
ーー共通項が見えたんですね。
 
原田:そうなんです。(創作活動における)すべての下地、基本というものは『借りもの』であって、『なにをどう借りる選ぶ』センスが、そのひとのオリジナリティである。そういう考え方や姿勢を、大瀧詠一から学んで。
 
ーーはぁあ、なるほど…
 
原田:ぼくが良いなあと感じるミュージシャンも、その姿勢をもって音楽をやっているひとたちで。ヒダカトオルも、大瀧詠一も、山下達郎も、みんなそうだった。ちなみに、今回のEP(jetcoaster e.p.に収録されている『春の夜』は、山下達郎の『あまく危険な香り』が分母です(笑)。
 
<山下達郎 - あまく危険な香り>
 
原田:面白いのは、達郎さん自身は否定してますけど、おそらくあの曲も、カーティス・メイフィールドの『Tripping Out』を下地にしているんです。
 
<Curtis Mayfield - Tripping Out>
 
ーーこれ、絶対にそうですよね(笑)。
 
原田:ある種の確信犯として、それ(引用)をやって、その曲を聴いて気付いたひとたちに、ニヤリとしてもらえる。それはもう、最高に楽しいことだと思います。
 
 
音源至上主義でいたいから

 
ーー『evening cinema』としてのライブ活動は、かなりされているんですか。
 
原田:いや、まだ全然です。去年の夏ぐらいから始めたので。今後の予定としては、月に1本ぐらい出来ればと思っています。
 
ーーもっと増えていきそうな気もしますが…
 
原田:『音源至上主義でいたい』という気持ちが、ぼくらにはあるんです。もちろん、ライブもちゃんとやりたいし、ライブでどれくらい魅せられるかというのも、課題ではあると思うんですけど…
 
ーーそれでも、音源にこだわりたい。
 
原田:はい。『ぼくらが、今いちばん早く取りかかれることはなんだ?』ということを自問自答すると、やっぱりそれは『いい音源をたくさんつくる』こと。これに尽きると思うんです。
 
ーーなるほどなぁ…『jetcoaster e.p.』(2016年1月リリースの自主制作盤)をリリースした後の感触は、どうですか?色んなことが、めまぐるしく起こっていると思いますが。
 
<evening cinema - jetcoaster e.p.>
 
原田:今回のように、色んな方に話を聞いて頂けるのは、素直に嬉しいです。ただ…
 
ーーただ?
 
原田:まだまだ、これからですね。手売りとレコードショップに置いてもらって、100枚を売り切っただけですので。次にきちんとレコーディングをしてリリースする作品が、勝負かなと思っています。
 
ーー勝負の次作ですか。
 
原田:はい。そこが、ほんとうの勝負ですね。
 
ーー最後にひとつ、伺わせてください。SoundCloud にアップされているデモ、『her song』についてなのですが。実を言うと、偶然聴いたこの曲が、あんまりにも素晴らしくて、これはインタビューしなくちゃ!と思ったんです。
 
 
原田:そうだったんですか!あれは、なんだろう、自分でもどこが出典元なのか、まだよく分かっていなくて。
 
ーーあの歌だけ、ちょっと違う空気をもっている気がするんです。引用を重ねていく中で、原田さんのオリジナリティが、ものすごく引き立った瞬間を記録したものというか。
 
原田:うれしいです。あの曲は、コード進行をできるだけ分かりやすく、サビもなるだけ、J-POPに寄せようと思って。その結果できた曲なのですが、去年作った曲の中で、自分でも一番の自信作です。これからもっと、90年代~00年代初頭の空気感を、『せつない』ではなく『踊れる』感じで、纏えるようにしたいなと思っていて。
 
ーーこの曲が完成して聴ける日を、今から楽しみにしてます。
 
原田:ありがとうございます。ぼく自身、とても楽しみです。
 
 
evening cinema:2016年、彗星のごとく現れた和製AORバンド。70年代〜80年代の歌謡曲、ポップスへの深い愛と、現代を生きる20代男子の感性を織り交ぜた、甘酸っぱいサウンドを奏でている。2016年1月にココナッツディスク限定で『jetcoaster e.p.』をリリースし、瞬く間に完売となった。
 
 
 

ええやん!して記事を見逃さずにチェックしよう!

 

 

無料アカウント登録
© 2017 TuneCore Japan KK. All Rights Reserved.