loading
Loading...
Spotlight

『UQiYO』社会的に意味のある活動をしていると、証明したい。

2015年06月09日

Tweet

 

えきれないほど繰り返してきた1週間がまた、始まったばかりではありますが、仕事、学校、バイト、家事などなど、みなさんいかがお過ごしでしょうか。めまぐるしく動く日々にどこかに息詰まりを、やるせなさを感じているあなたに。『UQiYO(ウキヨ)』という2人組のユニットをご紹介します。
 
生演奏とエレクトロが織りなす、息を呑むくらい美しくて、心地よい音楽を編むのはUQiYOのYuqiさんとPhantaoさんのおふたり。その名前が表わしているように、日常とはどこか違う”浮世”に誘(いざな)ってくれる音楽を奏で、手触りのある音楽の届け方を模索し続けている彼らにお話を伺うことができました。
 

 

UQiYOの音楽性は彼(Yuqi)そのもの。

 
――まずは、Yuqiさん、Phantaoさんおふたりがいつ音楽活動を始めて、お2人がどのように出会ったかまでを伺いたいです。
 
 
Yuqiさん(以下Yuqi):音楽を始めた、というとピアノを始めたのは小学校1年生のときくらいですね。中学2年くらいまで近くのピアノの先生の所に習いに行ってて。
ピアノを辞めたぐらいぐらいのころから、作曲みたいなものを始めました。
 
当時、カラオケセットみたいなものが家に置いてあったんです。そのカラオケセットがなかなか優れもので、音楽のヴォーカルの部分を抜いて、自分でどんな曲もカラオケが歌えますよっていう機械があって。歌ったもののダビングもできるような機能もあるやつで。その機能を使って自分で遊んだりしていたのがきっかけで、そこからだんだん音楽にのめり込んでいくようになりました。そのあと性能の良い録音機を買ってもらって。それから録音機がだんだんと進化していった過程とともに僕も進化していって、気がついたら今までやってきたことを人生を通してやってきた感じです。
 
Phantaoさん(以下Phantao):僕は年中からピアノを弾いていて、中3くらいまでピアノを不定期で習っていました。高校入ってからは、バンドとかいろいろやっていたりしていて、大学入ってからジャズばっかりやっていて、就職してからもジャズをずっとやっていました。で、3年して会社辞めて。もう何でもやるようになった、って感じですね。
 
Yuqi:で、出会ったのがその(Phantaoさんの話に出てきた)会社なんですよね。スピーカーを作る会社でした。皆さんのよく持っているテレビや、iphoneや、最近売ってないけどコンポとか。ああいうのに入っているスピーカーを作っている会社で、僕は設計開発をやっていて、彼は製造技術をやっていました。
 
Phantao:製造技術って言うのは要するにスピーカーを作る機械を作る人ですね。ボタン押したらスピーカーがぽんぽん出てくる機械を作る人。
 
Yuqi:そんなに(スピーカーは)ぽんぽん出てこないけどね。
 
――(笑)。
 
Yuqi:そんな感じで同じ会社にいて。一応同期なんですけど、そのころはあまり仲もよくなくて、特に喋ったりとかはしていなかったよね。
 
Phantao:むしろ(Yuqiさんのことを)知らなかった。存在を知ったのは多分会社入って1年~2年経ったくらいだよ。
 
Yuqi:マジで。俺、(Phantaoさんの)存在くらいは知ってたと思うけどなぁ。
 
で、会社の中にあった軽音楽部が盛り上がってて、軽音楽部でバンドを組んでやる発表会が1年に1回くらいあったんですけど、たまたま共通の人に集められて一緒にバンドをやりました。バンドを一緒にやってお互いのことを認識したし、「やるなぁ」と思いました。
 
――会社の軽音楽部で出会って、UQiYOを結成されたんですね。
今と結成当時のUQiYOの音楽性って違っていたりするんですか?
 
Phantao:UQiYOの音楽性は彼(Yuqiさん)そのものなので。彼の成長と共に、時代と共に変わってはいますね。
 
Yuqi:一緒にやってかれこれ4~5年なんだけど、彼と一緒にやりたいと思ったのが僕に無いジャズのエッセンスっていうのを自分の音楽に加えたいなと思ったところがあったんです。これまで1人でコツコツ作ってきた中に、彼の音楽性が入ってきていることで、進化していると思いますね。
 
 
 

『Twilight』は「こういうものをつくろう。ではこういうものがあったときにどういう音楽が出来たらより伝わるか。」とか「そういう体験をしたときに出てきた音楽がどういう音楽だったら楽しいだろうかとか。」ということを考えながら作った曲ばっかりだったんです。

 
 
――実は、3年くらい前にUQiYOさんのライブを1回見たことがありまして。渋谷のclub asiaで行われた『Rock Action』ってイベントなのですが……!
 
Yuqi:おー!またマニアックなやつですね……!
 
Phantao:あれは酷かったなぁ。
 
Yuqi:あれは惨敗だった回ですね(笑)。あのときに音圧がなければ勝てないなぁと思って、ドラムを入れることを考えるきっかけになる回でした。今はだいぶ違いますよ。ぜひぜひ、いつか遊びに来てください。
 
――ぜひ!6月の『Twilight』のツアーファイナル伺いたいです!13日に渋谷o-nestで行われるツアーファイナルでは弦楽器隊が入るとか。
 
Yuqi:そうなんです。弦楽も後半から入ってくるし、映像もいろいろあるし、インスタレーションとかも入ってきたり、カメラをインタラクティブに使った企画を企んでいたりもしています。
 
――なるほど。ツアーファイナルはわくわくすることが詰まっていそうで、楽しみですね!
映像というお話がありましたが、UQiYOさんはMVがとても素晴らしいな、と思っておりまして。3月に発売された2ndアルバム『Twilight』では4組のクリエイターさんとコラボして4曲のMVをメドレーのようにつなげた作品を公開されていますね。この映像を作るときって、曲からイメージして映像を作っていったんですか?
 
(UQiYO 2nd Album "TWiLiGHT" HIGHLIGHTS)
 
Yuqi:そうですね。今回4本、作品を作っていますが、全員別々の映像の人だったり、アートディレクターの人たちだったり、その業界の中ではヤバい存在の人たちに集まっていただいたんです。で、今こういうアルバムができているので、この中から4つ、どういう形でもいいので、皆さんで手分けして何か映像でプロモーションしませんか?という提案から始まりました。最初、同業だったりライバルだったりってこともあってみなさんかなりギスギスしたらしいんですけど、最後の方は「危険で面白かったね。」と言っていただきました。
 
Phantao:納期的にも危険だったようで。皆さん大活躍中の人ばかりで、めちゃくちゃ時間ない人ばかりでしたからね。
 
Yuqi:そういう人たちへのコネクションなんて全然なかったんですけど、1回デモテープをレーベルとかではなく業者に直接送りまくって。そこから関係が始まったので、自分たちで築いた、誇りに思っている人間関係だと思ってます。
 
――なるほど。4作品のどれも音楽と映像が親和していて、こだわりを感じるMVでした。
個人的にですが、特に「Dirtball」のMVが好きです。
 
(「Dirtball」MV。この映像の質感の美しさ……!映像と音楽の親和性が極めて高いMVです。)
 
Yuqi:嬉しいですね。
 
Phantao:実はCDのヴァージョンとMVのヴァージョンで音がちょっと違うんですよね。あとでチェックしてみてください。
 
 
 

人づてに1枚の大切なものを自分の大切な人にあげて、その人にまた誰かに託してもらって、と繰り返して全国を縦断できることができたらそんなに美しい国はないなと思って。

 
 
――話は変わりますが、UQiYOさんはやっていることが面白いですよね。
手紙をビンに入れたを入れた形式で販売していた『Twilight』収録曲の「Summer Suns」 、男の子、女の子目線の曲を交互に公開していって、バレンタインの日に曲が合わさって1曲が完成する「THY LUV」、「151A」、浮遊する歌も然りですが、音楽を届ける体験、プロジェクトをよく企画されていらっしゃいます。(⇒UQiYO|Works)
このような企画をするときって、音楽が出来てから、届け方を考えるのか、もしくは音楽の届け方を考えてから、音楽を作るのかをお伺いしたいです。
 
(「Summer Suns」を含む3曲をこのようにボトルに手紙を入れた形式で販売したそうです。)
 
 
Yuqi:今回のアルバムのほとんどの曲は、プロジェクトというか、企画的なものに絡んだ曲ばかりなんです。一個前に出したファーストアルバム(『UQiYO』)は普通にアーティストがアルバムを作る過程に近くて、27~32歳ぐらいの間の5年間くらいに、いろいろ感じることのある時期にできた、自分の内面を打ち出したアルバムでした。
 
『Twilight』の場合は、プロジェクトをやりたい欲求がものすごく強くなった時期で、いろんな人とコラボボレーション出来てきて、「これがやりたい」「あれがやりたい」と企画レベルのアイディアもどんどん出てきた時だったんです。なのでどちらかというと企画が先行されて、「こういうものをつくろう。ではこういうものがあったときにどういう音楽が出来たらより伝わるか。」とか、「そういう体験をしたときに出てきた音楽がどういう音楽だったら楽しいだろうか。」ということを考えながら作った曲ばっかりだったんです。曲によってはクライアントワーク(依頼主から依頼される仕事)を自分たちで決める、"自己クライアントワーク"みたいな感じで作った曲が集まってるのが今回のアルバムです。
 
――そういう企画ってどんな時に思いつきますか?企画の発想はどこから来ているのか、伺いたいです。
 
Yuqi:常にネタを考えていますね。ネットでいろんな記事を読むと、音楽の分野に限らず、
最近面白いことをやっている人はいっぱいいるし。いろんなことを感じ取っていますね。
 
例えば、「151A 」"浮遊する歌"。これは1枚だけあるCDが北海道から沖縄にたどり着いたら全国リリースをしようとしているんですけど、今現在ぜんぜんたどり着かないんですよね。ガチ浮遊してて、行方不明なんです(笑)。
 
⇒UQiYOから新譜「151A 」について
ツイッターハッシュタグ #浮遊する歌
 
これはあるニュースがヒントになっていて、ウータン・クランというヒップホップ、ラップのグループがいるんですけど、彼らはアメリカでは超一流、トップアーティストなんですよ。彼らはその当時、アルバムを1枚しか出さなかったっていうことをやっていて。それをオークションに出して、高く落札した1人だけが手に入れて、その人はそれをどのように使ってもいい、ということでリリースしたんです。かなり莫大なお金で誰かが買い取ったみたいなんですけど。
 
<参照記事>
 
1枚しかアルバムを出さない、って今この音楽業界、コンテンツ業界の中ですさまじいアンチテーゼになるなぁって思って。コンテンツがあまりにも安っぽく売り買い、送信されていく中で、あえて流通させない、データとしても流通させないことでプレミア感を出して、それを何かの形で勝手に流通させることはやれないこともないなぁと思っていて。
 
では日本でしかできない形は何かなぁと思ったんですけど、日本人って場所や人によるけど、財布とか拾ったら交番に届けたりする美徳がまだある国だと思っていて。まだ信用ができるんじゃないかと思ったので、人づてに1枚の大切なものを自分の大切な人にあげて、その人にまた誰かに託してもらって、と繰り返して全国を縦断できることができたらそんなに美しい国はないなと思って。途中でなくなったりするじゃない、普通は。それを実証したいなっていうところもあったし、1枚のアルバムだけで日本に流通したとなれば、そんなロマンチックなことはないな、と思って。考えたときは鼻血が出るくらい興奮しましたね!「こんなにいい企画ねぇぞ!」って。
 
Phantao:「これはいける!」ってね。
 
Yuqi:「これは本当にすごい!」と思って、それから曲を作り始めたんです。
いきなり渡された時にUQiYOを知らない人がほとんどだと思うので、初めて聴いてくれる人のためにもめちゃめちゃ悩んだ作った曲ですね。
 
「151A」は『Twilight』に収録されていませんが、このアルバムに入っている曲はこんな感じの発想をしつつ、作っていった曲だらけですね。
 
(THY LUV)
 

場所を含めて楽器なのかな、って思いました。

 
――UQiYOさんは現在絶賛ツアー中とのことで。ツアータイトルが「夕日と雨と虹とキラキラと」。素敵なタイトルですね。
名古屋から始まっているツアーのようですが、これまでで酒蔵やカフェなど、様々な場所でライブをされたそうですね。ちなみに酒蔵ってどんな感じでライブされたんですか?
 
Yuqi:この間山梨でやったところですね。
 
Phantao:酒蔵だったところを改装してカフェにした、みたいなところでしたね。
 
Yuqi:ものすごい雰囲気よかったですね、あそこは。
やっぱり、「木」が合うみたいなんですよね、僕らの音楽って。コンクリートよりは「木」が合うみたいで。音もすごいよくて、今までのライブの中で1位2位を争うくらい気持ち良くできましたね。場所を含めて楽器なのかな、って思いました。
 
 
――UQiYOさんはライブやる場所のこだわりをお持ちですよね。いままでライブをやられた場所には図書館、お寺、映画館などなど……本当にさまざまな場所でやられていますね!
 
(UQiYO | ウキヨ "MUSIC in LIVERARY Vol. 0" @co-ba Library shibuya, tokyo)
 
 
Phantao:あと、教会もやりましたね。
 
Yuqi:やったね。宗教関係ないよね。僕たちがライブをやる場所にこだわる理由の1つに「ライブハウスというものに対する不信感」があります。今の時代にライブハウスみたいなものが昼間にカフェ経営、みたいな違う経営主体を持ってなくて、音楽だけで経営していくこと自体が非現実的なんじゃないかなって思っているんですよ。一時期いい時代があって、若者はみんなライブハウスに行って、悪ぶって大人のマナーを学ぶ、みたいなことはあったかもしれないけど、今って敷居高いじゃないですか。
 
Phantao:ライブハウスって行きますか?
 
――私は行く方ではありますが、周りにはそんなに熱心にライブハウス行っている人はあまりいませんね。高校生の時は地元のライブハウスによく出入りしていたんですけど、親にはあまりいい目で見られませんでした。
 
Phantao:俺も中学生の時あったなぁ。要はライブハウスって変な兄ちゃんが出入りしているところなわけじゃないですか。
 
Yuqi:あの変な兄ちゃんって意外にいい人たちばっかりなんですよね。
 
――そうなんですよね!
 
Yuqi:昔は親の反対勢力があってでも行きたい魅力がライブハウスにはあったけど、今ってもう無くなってきちゃってて。ごり押しで続けようとしてるライブハウスがなにでやろうかとしていると、演奏者、ミュージシャンからお金取っているだけなんです。ノルマとか課して。場所代とかもべらぼうに高くて。こんなにお客さんを集めているのに、ライブハウスにお金払って終わりになるんです。ほとんどが。
 
そういうものって何がいけないかというと、僕ら自身が貧乏になっていくのはそうなんだけど、新しくがんばって音楽をやるミュージシャンが20代半分くらいで就職とか、「どうすんの、これから。」ってなったときに絶対に音楽の道を諦める。そんなところで音楽をやっていたら、やっているだけでどんどん貧乏になっていくんだもの。そんなんじゃダメだよねって思うし。俺らもそういうところにぶち当たって、じゃあ別にライブハウスじゃなくてもいろんなところでできるよってことは見せていきたい。別に業界を変えようと思っているわけではないけれど、実際にできるってことがわかったので。で、いろんなところでやり始めて。ここでもできる、ここでもできる、ってやってみたら全然楽しいし、その場所にしかならない音は鳴るし。なんだこれ全然いいじゃん、ってところでそこに味を占めてやっていますね。
 
この間、梅田シャングリラでやったんですけど、たまにライブハウスでやると、爆音での音響施設の良さってのは確実にあるんですよ。そこでやりなれていない、っていうのは1つの盲点だったりとかして。もうちょっとやらないとダメなのかなって考えました。
でも基本的に音楽はいろんなところでできるし、やるべきだなって思ったりもしてます。
 
―――ライブハウス以外のところでライブをするときって、場所側からどんな反応をもらいますか? 
 
Yuqi:例えば酒蔵とかはもともと今もカフェ経営をしていて、音楽もやっている場所でもあるので何もなくスムーズにできますね。1番大変だったのがコワーキングスペースだったかな。
 
Phantao:コワーキングは大変だったね。
 
Yuqi:コワーキングスペースツアーを去年ぐらいにやってて、あっちこっちのシェアオフィスみたいなところでライブを5~6本やったんですけど、そういうところは本来、ライブをやるところではないので、まずは趣旨から入って、こういうイベントの趣旨にして、途中にワークショップだったりを挟んで、学びの成分もありますよってことを言ったりとかして、担当の方や社長の方に「それなら面白いね。」と言ってもらえて初めて、ライブができました。なかなかハードルが高かったですね。
 
Phantao:まずは企画書づくりからでしたね。
 
Yuqi:ちょっとバンドっぽくないですよね、作業としては。
 
Phantao:もうちょっとバンドっぽいこと言った方がいいですか?(笑)
 
――いえいえ!(笑)
このように、いままで濃い音楽活動をされてきたおふたりですが、今まで活動を続けてこられた原動力、ってなんだと思いますか?
 
Phantao:俺は(UQiYOの活動を)ベンチャー企業に勤めていると思ってやっているので、事業を何とか軌道に乗せたい、って一心で頑張ってます。
 
Yuqi:僕の音楽、表現がコアにあってやっている活動ではありますが、思っていることは(Phantaoさんと)近いですね。一つの会社というか、社会的に意味のあることをしていると思ってやっている活動を、なんとかその意味があるということを証明したい気持ちでいっぱいというか。
 
最近も時間がかかるんですよね。普通にリハ入ってライブハウスでライブしているわけではないので、いろんな事考えて、いろんなことに時間をかけているんだけど。時間をかけるということはその分仕事が出来なくなるんですよ。そうするとバイトしているメンバーもいたりして、バイトに入れないとかで資金的に厳しくなったりする。そういうことを理由に例えば活動が出来なくなるかもしれないってことを考えたときに、僕らの支援者っていうのがすでにいっぱいいて、支援者の人たちからもいろいろな言葉をいただくんですよ。
 
僕らくらいの気概で、僕らくらいの規模になってきて、例えばJ-WAVEとかでジングルを流すとか、TOP25に入るようなところまで音楽が出来ている人たちが、音楽を続けられなくなることがこの社会にあってはいけない、って思ってくれる人たちがいっぱいいるんです。そういう人たちのためにも、「出来るんだ!」ってことを証明したいっていうのが、今の原動力の1つになっているかもしれないですね。
 
――証明し続けてほしいです!
では、6月13日のツアーファイナルに向けて、どのようにツアーを閉めたいか、意気込みを教えてください!
 
Yuqi:今、ツアーで2つ企画をやっていて。1つはツアーで全国12か所、回るんですよ。沖縄の人には申し訳ないけれど、今回は北海道から福岡まで回っているのでいろいろな人に会うじゃないですか。なので、いろんな人のいろんなものを集めるってことをやっています。
 
1つは「クラップ音」。僕らはループサンプラーを使って音を重ねてライブをやっているので、録音機が手元にあるんです。それでそれぞれの場所でクラップ音を集めて、会場ごとのクラップ音を録っているんです。全国総勢何万人になるかわからないんですが……ちょっと盛りましたけど(笑)、たくさんのクラップ音をツアーファイナルで鳴らして、1曲やりたいなぁと思っていて、それはかなり意気込んでおります!
 
もう1つは「What You Are」という企画。『Twilight』に「Saihate」っていう曲があるんですが、あなたの<聞くもの>、<恐れているもの>、<誰かにシェアしたいもの>その3つであなたは出来上がっている、ということを繰り返し言っている曲なんです。その曲にちなんで、あっちこっち全国で皆さんにインタビューして回っているんですよ。その3つの質問をいろんな人にして回って、みんなの答えを動画に撮っているんです。その動画を、1つの動画に集めて、いろんな人が、いろんな表情で3つのことを言うことによって、全国のいろんな顔が見えるのかなと思ってて。当日映像で流そうかなって思っています。それも、意気込んでおります!
 
Phantao:ちょっとしたツアーの集大成だよね。
 
――では、最後にこれからやっていきたいことを教えてください!
 
Yuqi:ひとつは全国でいろんな人と対バンしているなかですごく素敵な女性ヴォーカルが何人か見つかったんですよ。あんまり有名じゃなかったり、超有名だったけど今はあんまり表に出てきていなかったりする方々がいて。その人たちと曲作りたいですね。フィーチャリング的な感じで作った曲を歌ってもらったりもしてね。
 
(THY LUV | UQiYO feat. Michiyo Honda)
 
Yuqi:あとは美術館ツアーをやりたいな、って。これまたハードル高そうなやつですが。
 
Phantao:また企画書からですね。
 
 
 
 
UQiYOのおふたり、ありがとうございました!
週末はぜひ、"夕日と雨と虹とキラキラ"の詰まった、渋谷o-nestへ~!
 
 

 

<ライブ情報>
 
■2015 Tour TWiLiGHT~夕陽と雨と虹とキラキラと~
日時:6月13日(土)
会場:東京 SHIBUYA O-nest
時間:18:00 open / 19:00 start
チケット:前売り3000円+1ドリンク、当日3,500円+1ドリンク
UQiYO (ワンマン)、ゲスト・ミュージシャン有り!
 
◆ライブ当日のOpen~Start前にはMV 『"TWiLiGHT" HIGHLIGHTS』に関わったクリエイターさんを招いてのトークセッションが行われるそうです!これはオープン直後に行かなくては♪
 
 

【6/13(土)UQiYOツアーファイナルまであと7日!】-ツアーファイナル情報④-【OPEN-START間にMV "TWiLiGHT" HIGHLIGHTSトークセッション開催♪】間に合う方はオープン直後に来ることを激お勧めします...

Posted by UQiYO | ウキヨ on 2015年6月6日
 
 
 
 

UQiYO
 

日常を、心地よい非日常-浮世-にいざなう音楽ユニット。
常に新しい試みを行う姿勢と作風は、国内外で活躍するクリエイターから注目され、様々な共創を形にする。 LIVEはライブハウス以外にも映画館、コワーキングスペース、図書館、寺などで行い、新しい音楽体験を提供している。
 

Written by TUNECORE JAPAN 学生アンバサダー コイズミ

TUNECORE JAPAN公認の学生プロジェクト  WebSite | Facebook

ええやん!して記事を見逃さずにチェックしよう!

 

 
無料アカウント登録
© 2017 TuneCore Japan KK. All Rights Reserved.