loading
Loading...
志人の画像
  • independent hiphop /Techno /Electronica/
  • Label:TempleATS
おすすめ楽曲
コメント

志人

志人 (降神/TempleATS) 詩人/作家/作詩家 独自の日本語表現の探求により -言葉-に秘められた全く新しい可能性を示す -言葉の職人- 日本国内の表現活動のみならず、海外においてはカナダ・モントリオールの芸術家達と制作したアルバム「発酵人間~Zymolytic Human~」では、KID KOALA(CA)やDJ Q-BERT(USA)等が参加し、世界中から注目を受ける。 日本free jazz界の重鎮、スガダイローとの七番勝負では壮絶なバトルを繰り広げ、後に合作「詩種」を発表。 京都国際舞台芸術祭 2016 では松本雄吉(維新派・演出)内橋和久(音楽・演奏)『PORTAL』の舞台にて主演を担う。 国境を越える芸術家達が集うTempleATSの一員として、数多くの作品を世に残し、表現活動は多岐に渡る。 音楽表現のみならず舞台芸術、古典芸能の分野でも活躍する国内外から注目を集める表現者。  <過去の主な共演者(順不同)> DJ KRUSH、スガダイロートリオ、谷川俊太郎、KID KOALA、DJ Q-BERT、 こだま和文、DJ KENSEI、DUBMASTER X、鈴木勲、詩人・長沢哲夫、近藤等則(敬称略)  他数々の表現者との共演を経験。
Tweet
Eu haere ia oe?のジャケット写真

Eu haere ia oe?

  • single
  • 2017-06-11
  • テクノ
  • スポークンワード
  • ヒップホップ/ラップ
  • Label
    TempleATS
  •  
    タイトル
    アーティスト
    時間
  • 1:
    Eu haere ia oe?
    志人 & JEMAPUR
    297.375
■作品タイトル:

「Eu haere ia oe? / てけてんすくてれすくてんすくす」ep

■アーティスト名:
- JEMAPUR × 志人/玉兎 × ONTODA -


2005年にリリースされた「Heaven's 恋文」から早12年、4枚のアルバムのリリースを経て、更なる領域を追求するJEMAPURと志人が我が子を抱く様に暖め続けて来た名曲中の名曲にして未だ公開される事のなかった作品「Eu haere ia oe?」が長年の時を経て遂に完成。

本作品で志人は「Heaven's 恋文」以来となる'志人/玉兎' 名義での発表となる。

志人の異次元へ達したpoetry readingと心透き通る歌世界は「Heaven's 恋文」を聴いてこられたリスナーもその世界観から廻り廻り辿り着いた「志人/玉兎」の表現者としての追求と軌跡を本楽曲では存分に追う事が出来るであろう。詩世界を支える至極なJEMAPURの芸術的音楽は誠に風光明媚であり、mix,masteringにおいてもサウンドデザイナーとしての才が光る様は圧巻である。満を持しての公開となる本楽曲は、日本人の手掛けた音楽史上新たな段階へ到達した貴重な記録音源となるであろう。

収録曲「てけてんすくてれすくてんすくす」は、TempleATSクリエーター陣から、Masaki Toda「室内sound」の発表でも記憶に新しい戸田真樹氏が降神「望」以来となるONTODA名義でtrack makerとして参加。

こんこんと降り積もる繭玉の様な雪の如き'志人/玉兎' の散文詩がONTODAの絵画の様なサウンドアートに映える。
これほどまでに「懐かしさ」を孕んだループを組めるのはONTODAならではの妙技である。
又、誰も漕ぎつく事のない領域に達した志人の詩世界は最早、太陽系曼荼羅をなぞる呪文の様でもあり、「はっ」とさせられる言葉の粒子が散りばめられている。

「Eu haere ia oe? / てけてんすくてれすくてんすくす」epにはJEMAPURの日々の研究から産み出された実験的でいて抽象の極みを想起させられるinstrumental'Full Of Emptiness' ,ONTODAの旧時を彷彿させる暖色を帯びたinstrumental「椿庭」も収録されている。

アートワークには志人がカナダのケベックで出会った詩人でもあり音楽家でもある画家:Olivier Gingras氏 http://oliviergingras.com/peinture/を迎えての本当の意味での不朽の名作が誕生した。


いざ、日本から世界中の音楽を愛する人々へ
新世界への招待状が出来上がった。

■ 収録曲:


1 'てけてんすくてれすくてんすくす'

produced by ONTODA lyrics by 志人/玉兎

2'Eu haere ia oe?'

produced by JEMAPUR lyrics by 志人/玉兎

All tracks mixed and mastered by JEMAPUR

All Art work by Olivier Gingras http://oliviergingras.com/peinture/
もっと見る
てけてんすくてれすくてんすくすのジャケット写真

てけてんすくてれすくてんすくす

  • single
  • 2017-06-09
  • スポークンワード
  • テクノ
  • ヒップホップ/ラップ
  • Label
    TempleATS
  •  
    タイトル
    アーティスト
    時間
  • 1:
    てけてんすくてれすくてんすくす
    志人 & ONTODA
    261.816
■作品タイトル:

「Eu haere ia oe? / てけてんすくてれすくてんすくす」ep

■アーティスト名:
- JEMAPUR × 志人/玉兎 × ONTODA -


2005年にリリースされた「Heaven's 恋文」から早12年、4枚のアルバムのリリースを経て、更なる領域を追求するJEMAPURと志人が我が子を抱く様に暖め続けて来た名曲中の名曲にして未だ公開される事のなかった作品「Eu haere ia oe?」が長年の時を経て遂に完成。

本作品で志人は「Heaven's 恋文」以来となる'志人/玉兎' 名義での発表となる。

志人の異次元へ達したpoetry readingと心透き通る歌世界は「Heaven's 恋文」を聴いてこられたリスナーもその世界観から廻り廻り辿り着いた「志人/玉兎」の表現者としての追求と軌跡を本楽曲では存分に追う事が出来るであろう。詩世界を支える至極なJEMAPURの芸術的音楽は誠に風光明媚であり、mix,masteringにおいてもサウンドデザイナーとしての才が光る様は圧巻である。満を持しての公開となる本楽曲は、日本人の手掛けた音楽史上新たな段階へ到達した貴重な記録音源となるであろう。

収録曲「てけてんすくてれすくてんすくす」は、TempleATSクリエーター陣から、Masaki Toda「室内sound」の発表でも記憶に新しい戸田真樹氏が降神「望」以来となるONTODA名義でtrack makerとして参加。

こんこんと降り積もる繭玉の様な雪の如き'志人/玉兎' の散文詩がONTODAの絵画の様なサウンドアートに映える。
これほどまでに「懐かしさ」を孕んだループを組めるのはONTODAならではの妙技である。
又、誰も漕ぎつく事のない領域に達した志人の詩世界は最早、太陽系曼荼羅をなぞる呪文の様でもあり、「はっ」とさせられる言葉の粒子が散りばめられている。

「Eu haere ia oe? / てけてんすくてれすくてんすくす」epにはJEMAPURの日々の研究から産み出された実験的でいて抽象の極みを想起させられるinstrumental'Full Of Emptiness' ,ONTODAの旧時を彷彿させる暖色を帯びたinstrumental「椿庭」も収録されている。

アートワークには志人がカナダのケベックで出会った詩人でもあり音楽家でもある画家:Olivier Gingras氏 http://oliviergingras.com/peinture/を迎えての本当の意味での不朽の名作が誕生した。


いざ、日本から世界中の音楽を愛する人々へ
新世界への招待状が出来上がった。

■ 収録曲:


1 'てけてんすくてれすくてんすくす'

produced by ONTODA lyrics by 志人/玉兎

2'Eu haere ia oe?'

produced by JEMAPUR lyrics by 志人/玉兎

All tracks mixed and mastered by JEMAPUR

All Art work by Olivier Gingras http://oliviergingras.com/peinture/
もっと見る
© 2017 TuneCore Japan KK. All Rights Reserved.